1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

簡単にまとめてみました。

shibaDOGさん

まず、霊感って何?

霊感は例えば次のような状態で見られる。ひとつは断食、不眠(お籠り)、修行による疲労等の生理的条件、および山中・神殿・深夜の時間帯といった環境的条件をととのえて、余計な意識活動・理知的活動を消してゆくことで得られる場合である。もうひとつは、霊能者と言われる、生得的に無意識的活動に入りやすい人物がそれを得ている場合がある。

 つまり聖職者や預言者、僧などの宗教家が修行や悟りの結果として神仏からの啓示を得る場合と、もともと生まれつき霊能者として霊感を得る資質を持っている場合がある、ということである。また、祈ることによって神・仏からの反応が得られる場合もあろう。

 聖書など多くの宗教書が霊感をもとに書かれている。

Wikipediaより引用。

霊感のある人の特徴は?

こんな経験がある人は霊感があるかも!?

【1】 吐き気

急な吐き気。
吐き気は来ても吐くことはありません。

吐きはしないが吐き気が・・・

【2】 耳鳴り

急な耳鳴り。
高低差で耳鳴りはよくありますが同じような耳鳴りです。

金縛りにあったとき、耳鳴りもするとよく聞きますね。

【3】 まぶたが重い

眠くないのに急にまぶたが重くなり目が開けづらい・・・
そんな時は憑いてるかもしれません。

【4】 身体がさわさわ

身体を誰かに触られているようなそんな感じ。
さわさわという擬音が一番近いです。

鳥肌が立つ感覚が似ていますがそれとも少し違うような感覚です。

【5】 身体が重い

急に身体が重くなる。

肩や背中、ダル重い疲れのようなものではない感覚。

【6】 急な咳

急な咳込みも誰か”居る”可能性が。

もちろんこの咳込みも、急に来る一時的なもので長引くようなものではありません。
しかし、長く続くようなら病院に行って下さい。
原因不明と判断される時は憑いてるかもしれません・・・

まとめ

このような症状全て心当たりのある方は霊感があると思います。

病気ではない、急に来る一時的なものが多いです。

心霊スポットや自殺などのあった場所には近寄らない、どうしても近寄らなくてはならない場合は親指を隠すなどして下さい。



長期に渡ってこのような症状がある場合は何かしらの病気の可能性のほうが高いです。
お近くの病院へ・・・

信じるか信じないかはアナタ次第です。
変に信じてエセ霊媒師などに騙されることもありますので注意してください。
莫大なお金をボッタクリするらしいです。(会ったことはありませんが・・・)
そんなお金があるなら、どんなに小さな仏壇でもいいので先祖供養をしましょう。

1