1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

数え切れないほどの種類があるアロマオイルは、日常に上手く取り入れることで生活を豊かにしてくれる存在です。疲労回復・眠気覚まし・鎮痛・殺菌など効果は様々ですが、中でもストレス解消は需要が高い効果。精油の力と良い香りでストレスを緩和できたら、忙しい現代人にとっては嬉しいことですよね。

アロマといえば、加湿器やでディフューザーを買わないと。。と考える人も多いですが、そこまで気を張ってやる必要はないですよ!好きな精油(エッセンシャルオイル)をお店で買って、お風呂に入る時湯船にはったお湯に数的加えて使ったり、寝る前に枕元に1滴かけてリラックスした状態で寝たり、ハンカチに一振りして嗅いだり、気楽に使えばいいのです。

ラベンダーやレモンのアロマは、リラックスに効果的という結果が出ています。
寝室にラベンダーの香りを満たしたり、お湯にレモンの半分を絞ったレモンドリンクで体を温めたり、
忙しくて大変でも、リラックスする時間をとるようにしてみてください。

オレンジ・スイート のアロマは、リラックス効果とリフレッシュ効果のふたつを兼ね備え、さらに安眠効果もある優秀なアロマです。

不安やイライラ、抱えたストレス、うつ状態から救いだし、明るい気持ちを取り戻します。

ゼラニウムのエッセンシャルオイル(精油)は、ほのかに甘く少しローズに似た芳香の中に、ミントのような香りを含んでいるのが特徴です。

集中力をアップさせたいときに効果があるのはローズマリーです。精神的な部分を高めてくれる作用があるだけでなく、新陳代謝を促す効果も期待できます。

ローズの香りは緊張、ストレス、不安や不眠に効くのだそうです。

甘くてエキゾチックな香りが特徴的な「イランイラン」には、イライラや緊張をほぐしてくれる効果が。また、アドレナリンの分泌を制御して興奮を抑えてくれます。

ベルガモットは精神面への効果が大きいのが特徴的です。

他の柑橘類と異なり、酢酸リナリルやリナロールなどラベンダーにも含まれる鎮静作用のある成分を多く含んでいるため、神経を鎮静させストレスを緩和するのに役立ちます。

マジョラムの香り

精神が不安定なときは、マジョラムのアロマを炊くと鎮静作用が期待できます。
腸の動きを促し、胃腸を元気にする作用もあります。

忙しい現代社会。
仕事や育児、勉強や悩み事などでストレスためてはダメ✖️
花やアロマの香りで癒されてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

1