1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ポプテピ好きなら見逃すな…声優さんのカオスな演技が話題のアニメたち!

愛すべきクソアニメ…「ポプテピピック」のアニメが早くも大反響wしかし声優さんの本気はまだまだこんなものではない?ポプテピ好きに見てほしいカオスなアニメをまとめてみました!

更新日: 2018年01月08日

20 お気に入り 21974 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

早くも大反響の「ポプテピピック」…実は他にもカオスな作品はたくさんあるんですw

critical_phyさん

クソアニメは褒め言葉!「ポプテピピック」の声優が豪華すぎるw

2018年1月7日1時、TOKYO MX1、BS11を始め、あにてれやAbemaTV、ニコニコ動画等のネット配信サイトでいよいよ放送開始。

放送前に発表されていた声優は「ポプ子」役が小松未可子さん、「ピピ美」役が上坂すみれさん。しかし放送が始まってみると、ポプ子は三ツ矢雄二さん、江原正士さん、小松未可子さん、ピピ美が日高のり子さん、大塚芳忠さん、上坂すみれさん……増えてるー!?

やりたい放題ですw

舐めてましたよ。「上坂すみれとみかこしなんて使って~色気づいたなお前~」って舐めきってた。甘かった。甘かったよ。これこそ本物の「計画的クソアニメ」だ。

こんな意見もw

数々の伝説がw「銀魂」は本当に声優さんが豪華すぎる…!

主人公の坂田銀時とそれを取り巻く人々が江戸のかぶき町を舞台にドタバタ劇を繰り広げるギャグ漫画で、過剰な下ネタやマニアックなパロディ、自虐ネタや社会を風刺するようなネタが満載であり、それらを絶妙なテンポや独特な台詞回しで展開していくのが特徴。

将軍暗殺篇以降は連続性の強い複数の長編で構成されており、所々にギャグを挟みつつも、主要人物の死の明確な描写といった物語のクライマックスを意識した描写が多く、サブタイトルも簡略化されたりと、全体的にシリアスな作風になっている。

下ネタはもちろんのこと、非常に危険なパロディネタや時事ネタ、ゴシップネタなどを使うことで有名である。(パロディネタでは、特に『ドラゴンボール』ネタや『ドラクエ』ネタは多い。)原作だけでなく、アニメでもこれは変わらないが、原作より過激な場合も。

万事屋の3人、真選組の3人はもとより、脇役と呼ばれるキャラやゲストキャラにまであっと驚くようなベテランや人気声優が多々登場するアニメ銀魂。

男性声優だけでなく女性声優も下ネタをストレートに言わなければならないため、スタッフは女性声優に「こんな言葉を言わせてごめんなさい」と謝っていたらしい。

当分シリアスモードが続きそうな『銀魂』。「シリアスだから」って敬遠している層もいるようですが、見るとギャグターンもちょいちょいあって面白いかなと。深夜枠ならではのネタもアニメオリジナル要素として入るのを期待したいところ。

声優さんの無駄使いってワードどっかで聞いたと思ったら銀魂だ

アドリブがハンパないぞ…w「ビーストウォーズ」は知る人ぞ知る名作!

「ビーストウォーズ」は、「トランスフォーマー」の1シリーズとして、日本では1997年~1998年にかけて放送された世界初のフル3DCGアニメ。カナダ・メインフレーム社で制作された「BEAST WARS: TRANSFORMERS」を日本語吹き替えした作品。

これまでの『トランスフォーマー』シリーズとは違い、登場するトランスフォーマーのほとんどが動物の姿に変身することが最大の特徴。その為か、体格も原題のキャラクターに比べると小型の者が多い。

原語版は低迷していたトランスフォーマー人気を一気に復活させたヒット作ではあったものの、作風はハードで設定もやや複雑。

そして…

日本語版は子供達に親しみやすいようユーモラスな翻訳や、アドリブを行った。アドリブについては賛否両論あるが、「この作品を繰り返す見ることで元気を取り戻していたというOLさんがいた」「有名芸能人も見ていた」など、一般受けは良かったようである。

シリーズが進むにつれアドリブはエスカレートしていき、『リターンズ』の頃には台本なんてほぼないに等しい声優無法地帯のほぼ元祖とも呼べる作品と化す。

回を増すごとに声優たちのおふざけが加速し、隙あらばアドリブを挟む(下ネタ多し)という、スタッフ泣かせの作品としても知られています。

このままポプテピピック見た人達ビーストウォーズにハマんねぇかな…

まさかのあの人も登場?「ケロロ軍曹」は本当に声優さんが豪華すぎw

突如地球に降り立った侵略宇宙人ケロロ小隊と、ケロロ小隊の居候先となった地球人の日常を描いたSFコメディ作品。 基本的には1話完結だが、時折数話に跨った長編になる。 一部バラバラに掲載されるにも関わらず設定などが続くエピソードもある。

子供向けとされる作品ではあるが、原作、アニメ共に他作品のパロディ、オマージュやメタ発言、ブラックジョークも多数見られ、和製サウスパークと称されることもある。

アニメにおいては、原作にある過激な暴力シーン、嘔吐のシーン、放送禁止用語(侮辱語)はカットしたり、内容を差し替えて放送していたが、最近では原作版の設定がアニメ版の設定に入れ替わるようになった。

1 2