1. まとめトップ
1 お気に入り 77 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tattyannnさん

We all need "Safety Net"!

たとえば大阪のこの制度 まだまだ足りません

民生委員もあるけれど

いまの構造は、相手の参加申請を待つ消極的なもの

いまの体制は、十分といえない。
とくに自治体の提供する福祉事務所系が弱い。

セーフティーネットから漏れ落ちる人を、どう救いあげればいいのか考えよう

保険所が いがいといろいろやっている

福祉事務所は、生活保護法、児童福祉法、母子及び父子並びに寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法に定める援護、育成又は更生の措置に関する事務をつかさどるところとされており(同法第14条第5項、第6項)、その具体的な内容については、各法に詳細に定められている。

老人福祉法、身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法に関する事務は市町村の所管となっているため、都道府県福祉事務所に関しては、福祉三法(生活保護法、児童福祉法、母子及び父子並びに寡婦福祉法)を所管している。

全国にあり、市町村の協議会は
行政など公的機関からの委託事業の実施
福祉・保健サービス
例えば、介護保険法や障害者自立支援法に基づいた介護・福祉サービス、市町村から委託した福祉・保健サービス、制度外の福祉サービス、地域包括支援センターなど
日常生活自立支援事業(障害によって判断能力に不安のある人を対象に福祉サービスの利用援助や日常的な金銭の管理等を行なう事業)の実施または、その相談窓口を運営
などをおこなう。

【主な構成団体】

都道府県・政令指定都市社会福祉協議会(61法人)
各市区町村社会福祉協議会
全国民生委員児童委員連合会(約22万人)
各都道府県・市区町村民生委員児童委員協議会
社会福祉施設・在宅事業などの組織(約37,000施設)
ホームヘルパー、施設職員等専門職員の組織(約18万人)
全国社会福祉施設経営者協議会(約6,500法人)
福祉・障害者団体等連絡協議会(26団体)
【別法人の主な関連団体】

なお、精神保健福祉法や障害者自立支援法の施行により、精神障害者に関する業務は市町村で行われる割合が増えてきている。このように、国や県から市町村へ業務移行がされる中、保健師に関する業務も、保健所から市町村へ移行されることが多くなった。しかしながら、市町村保健師と保健所保健師の業務内容は明確には区別されておらず、現場が混乱する一因ともなっている。

1