1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

内容増強準備中

yuyu1243さん

格安航空会社(LCC)で安全性の高い航空会社、ベスト10も発表されています。アルファベット順にエア・リンガス、フライビー、フロンティア航空、香港エクスプレス、ジェットブルー、ジェットスター・オーストラリア、トーマスクック・エアラインズ、ヴァージン・アメリカ、ブエリング航空、ウェストジェット

ジェットブルー   JetBlue Airways

アメリカ合衆国の、格安航空会社である。運賃の安さに加えて、後半席のシートピッチの拡張やシートのグレードの向上などの点を特長としている。 アメリカ合衆国の国内線に加え、メキシコ、カリブ海諸国、南米北部への国際線を運航する。

ジェットブルーは2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ以降の航空業界不振の中で利益を得ている数少ない航空会社の一つである。デルタ航空のSong(現在はデルタ航空に統合)、ユナイテッド航空のTedなど、米国の大手航空会社はジェットブルーの成功に刺激され同様のビジネスモデルの競合子会社を設立する動きを見せている。専門家は、低コストでの高い生産性により、ジェットブルーの優位は続くと評価している。

ニューヨーク市への国内線はラガーディア空港に発着することが多いが、空港アクセスの道路混雑や発着便の多さによるスケジュールの遅延を避けるため、ジェットブルーは創業からジョン・F・ケネディ国際空港の第5ターミナルをほとんどのフライトのハブとしている。

ヴァージン・アメリカ    Virgin America

アメリカ合衆国カリフォルニア州バーリンゲームに本社を置く、格安航空会社である。イギリスのヴァージングループによって設立された。

安価ではあるが質の高いサービスを提供する航空会社を目指している。メインハブ空港であるサンフランシスコ国際空港を起点として、アメリカ西海岸沿いの大都市を運航するほか、東海岸の大都市へ直行便を運航する。また、運航開始からしばらくはアメリカ国内線のみを運航していたが、2010年にはカナダのトロントへの国際線を就航させた。そして2011年にはメキシコのカンクン、ロスカボスへの就航を決定しており、アメリカ国内および近距離国際線を運航する航空会社となっている。

フロンティア航空   Frontier Airlines

アメリカ合衆国コロラド州デンバー市のデンバー国際空港を本拠地としている主要格安航空会社である。アメリカ国内及びメキシコ路線を運航している。

2016年まで4年連続でFAA 連邦航空局 整備部門 ダイアモンドアワードに選ばれている

トーマスクック・エアラインズ Thomas Cook Airlines

トーマスクック・エアラインズ(MT/TCX)はイギリスの旅行代理店トーマスクック・グループのチャーター航空会社である。
本拠地はイギリスのマンチェスターです。
トマーマスクック・グループは傘下のエアライン3社(トーマスクック・エアラインズ、ドイツ・コンドル、トーマスクック・エアラインズ・べルギー)を再編し1つのエアラインとして2013年3月から運営

フライビー  Flybe

エクセター国際空港に本社を置くイギリスの航空会社。2007年にBA Connectの路線の大部分を吸収してからは、ヨーロッパで最大の路線数を持つ地域航空会社の一つであり、またイージージェット、ライアンエアーをはじめとする格安航空会社を抑えてイギリス国内線では最大のシェアを持つ。料金設定は格安航空会社に近いが、各種機内サービスを提供している。預託手荷物には一つ6ポンドの料金がかかる。

ウェストジェット WestJet Airlines

1 2 3