1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北日本中心に猛吹雪のおそれの地域も‥交通影響に警戒を

急速に発達する低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で北日本を中心に天候悪化の警戒が発表されています。交通影響や大雪や雪崩などにも十分注意するよう呼びかけています。

更新日: 2018年01月09日

5 お気に入り 97334 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

急速に発達する低気圧と強い冬型の気圧配置に警戒

急速に発達する低気圧の影響で北日本を中心に9日から12日ごろにかけて、雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけになる

低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進み、北海道付近を経由し、オホーツク海でさらに発達する。

低気圧が急速に日本海を北東へ

低気圧が急発達して、その後、強い冬型の気圧配置に。日本海側を中心に大荒れや大しけの恐れ。

北海道と東北の日本海側を中心に雪や雨が降る見込みです。

9日の午後には千島近海に達する。この低気圧はその後もさらに発達するとみられ、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込み

35メートルを超える最大風速も

予想される波の高さは北海道、東北、関東、伊豆諸島 5メートル です。

氷点下36度以下の寒気が流れ込む

9日夜以降は、北日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が12日ごろまで続く見込み。

降る雪の量も心配されます。

9日午後から12日頃にかけては、北日本の日本海側を中心に大雪となる所があるため、大雪による交通障害やなだれに注意・警戒が必要

北海道や東北だけでなく北陸から山陰、九州北部も雪の所が増えてきます。車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。

警戒情報や心配される警報

気温が上昇するため、積雪の多い所ではなだれや融雪に注意。

北日本では現在、雨の所でも、9日午後からは湿った雪へと変わるため、電線などへの着雪にも併せて注意が必要となる。

大学入試センター試験の天気は?

週末13日、14日の大学入試センター試験にかけて再び真冬並みの寒さに。

1 2