1. まとめトップ

Twitter発。『視点』が変わると色々と見えてくる話が興味深い

同じものでも視点や見方を変えたり、立場・立ち位置などが変わってくると違う側面が見えてくる事があります。そんな内容のエピソードなどをTwitterで見かけましたのでまとめてみました。

更新日: 2018年01月09日

63 お気に入り 154226 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーたちが呟いた体験談や見聞きした話などをまとめたものです。

futoshi111さん

◆とあるお店の「貼り紙」

大宮駅近くにサンダルと下駄の専門店が昔からあって、周辺住人ならたぶん「あぁ、あの店ね」ってなると思うんだけど、その店頭に貼られてるこの貼り紙、 「履物修理」 って、こうやって書くと 「物理履修」 になるんだな…と。 pic.twitter.com/Itv4lS4qdc

@Via_Nirone7 これは大発見。この組み合わせしかないというのがシビレル。私も物理履修としか読めなかった。

◆オタクと「英国人の若者」

オタクと目される人に   「そんな古いアニメよく知ってるなぁ、それ僕が小学校の時のだよ」 と言ったら、 「英国人の若者がシェクスピアをそらんじたとして何の不思議がありましょうか」   自分の不明を恥じました。失礼しました(・ω・` )はんせいした

これ、逆は英国の会話で読んだことがあり、若者が 「先生このベストセラーの新刊まだお読みでないんですか?」   「ダンテが神曲を書いたのはいつだと思ってる?君はまだ読んでいないのかい?」   というのがある

@3DGAN 「今1000万部も売れてるこの本、まだ読んでないの?遅れてるね」ってのに対し「60億部以上売れてる聖書読んだことある?」って返すやつ思い出した

◆男性の妊娠と「昔話」

腐女子の世界にはオメガバースという設定があり、男性が妊娠・出産するらしいのだが、「さすがに男が妊娠するのはおかしい」と言ったところ「それくらいでガタガタ抜かすな。昔話では桃や竹から赤ちゃんが産まれてるんだぞ。人間の男から人間が産まれてるんだから自然だろうが」と説教された。

◆入れ替わった体が違ってたら…

君の名は、たまたま瀧くんイケメンだったから、体入れ替わった三葉さんも、「あの男はー!」くらいの反応で済んで、いい話っぽくなってるけど、うちらみたいなインターネットのオタクと入れ替わってたら、自分が居ない間にいったい何をされてたのか、考えるだけで精神を病んで発狂するホラー映画になる

◆人が見る世界は一つであって一つでない

職場の忘年会。カラオケにて同僚が「残酷な天使のテーゼ」。やたら映像にカヲルくんが多いので、女子ウケかと思いきや、ギャンブル好きの同僚から「カヲル君が出ると確変だから皆見たいし喜ぶんだよ」と言われ、つくづく人が見る世界は一つであって一つでないなと痛感した次第

◆「お得感」を倍増させる視点

「バスに乗ったつもりで歩いたら230円浮いた」と喜んでる人はタクシーに乗ったつもりで歩けば良かったのに。

◆「博士になりたい」

小学生が「博士になりたい」と言うとみんな「立派だねぇ」と褒めてくれるよ。 大学生が「博士になりたい」と言うとみんな可愛そうな目で見てくるよ。

なんか思いの外伸びてしまったので… 別に僕は博士課程に進学するなと思ってる訳ではなくて、周りに何を言われようとも自分の気持ちを大切にして欲しいなと思ってます。 博士号を取得するのは大変だし、取得後も明るい未来が待ってるとは限らないけども、一度きりの人生なので悔いのないように!

◆全く違う「3時間」

育児における「3時間睡眠つらい」に対して「自分は3時間で充分だけど?」みたいなのたまに見かけますが、「自分でコントロールする3時間」と「他人の都合で決められ、しかも1時間になるかもしれない不安定な3時間」とじゃ意味が全く違うんだよな…

1 2 3