1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

成人式「はれのひ」雲隠れ閉鎖‥被害に遭った人は300人以上

振り袖の着付けや販売などを手掛ける業者「はれのひ」が成人の日を前に突然営業を取りやめ経緯や今後が気になります。

更新日: 2018年01月10日

10 お気に入り 64998 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

横浜市の振り袖レンタル業者「はれのひ」で着付けできない問題

業者の名前は「はれのひ」。この親子は午前10時半に着付けをしてもらう予定だったという。

着付け会場に現れなかった業者の店舗ではすでに荷物などが運び出され、もぬけの殻の状態だった。

被害総額は東京都内も合わせると数千万円に上る可能性もあり、神奈川県警は実態把握に乗り出した。

さらに「翌日まで振り込めば安く」なると入金をせかしていた事実も

この業者が先月、「翌日までに振り込みをすれば安くする」などと、利用者に入金をせかしていたことが分かった。

写真の前撮りをした利用者「(去年)12月3日に前撮りを撮ったばかりで。その時も振り込みを明日までにすれば安くするという話だった」

この翌日、9000円ほど値引きされた料金を業者の口座に振り込んだが、前撮りの写真は今も届いていないという。

民間の調査会社などによりますと「はれのひ」は茨城や福岡にも

横浜市中区に本社がある「はれのひ」は、成人式の晴れ着のレンタルや販売などを手がけています。

「はれのひ」は2008年に創業。篠崎洋一郎が代表取締役社長を務めている。売上高は2014年に2億8000万円、2015年に3億8000万円、2016年に4億8000万円。

・「はれのひ」福岡店では着付け実施

福岡天神店マネージャー:「私たちもはっきり分からなくて。社長は一切(電話が)つながらず、今年に入ってからは(連絡が)取れてない」

本社から対応について指示はありません。ただ、新成人たちを泣かせてはならないと思い、営業しました」と話していました。

これは、問題の業者「はれのひ」に1年ほど前まで勤めていたテレビ朝日の関係者の証言です。

元従業員による証言も出始めています。

元従業員によると、「はれのひ」では、当時、給与の未払いや退職が相次いでいて、資金繰りが悪化していたとみられている。

元社員:「マネージャーからミーティングあると皆、呼び出されて『給料が払えません』。会社にお金が現金が今ないと言ってましたね」

「はれのひの」社長は、どうなっているの?

「はれのひ」の店舗でも、利用者の戸惑いが広がった。同店はフォトスタジオを併設し、記念写真の撮影・販売なども行っていた。

8日は従業員らが対応していた福岡店だが、9日は従業員の姿はなく、支店のドアには「本社の状況不明のため営業困難」という貼り紙が貼られ、実質的に閉鎖状態となった。

この「はれのひ」騒動にネットからも様々な声

成人式の事件えげつない 客A:着付けをしてもらいたい →着物を当日まで預けておき当日着付けもしてもらう予定 客B:着物をレンタルしたい →客Aから預かった着物がずらり、Bは何も知らずそこから選ぶ 当日→もぬけの殻 Aの預けた着物は… twitter.com/i/web/status/9…

はれのひの福岡店の店長並びに従業員の方が、営業停止の通達を一方的にもらい経営陣との連絡が今年に入って一切取れない中、ボランティアで営業したらしい。素晴らしい。ただ、東京や神奈川の店舗で同じようにしなかったことを責めちゃいけない。給料が払われていないなら、もうそれは仕事じゃない。

はれのひの福岡店がボランティアで着付けした事に対して営業するのが義務だって言ってる人いるけどあの人達は会社が無くなった時点で社員でもなく無職じゃん、それでも新成人のために善意で着付けしてくれたわけなのにね あの人達も被害者のうちの1人だよ

1 2