これはキツい…いま「日本の銀行」に大波乱が起きてる

銀行の大量リストラが話題になるなか、他にも身近な影響が…

更新日: 2018年01月13日

28 お気に入り 94899 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

( ゚д゚)エッ…大手バンクにいま異変が!?

秋以降のメガバンク出身者の人材登録(転職希望)はいつもよりもハイペースで増加しています

(人材会社担当者)

実はいま銀行が超冬の時代へ

(三菱東京UFJ銀行も、)国内にある約480店舗のうち1~2割の統廃合を検討

(みずほ銀行は、)統廃合し、現在約500拠点ある店舗数を2024年度末までに約100拠点も減らす見通し

地方からの影響が、大きな原因に…

銀行の本業である「預金を集めて貸出をして、利ざや(貸出と預金の金利差)を稼ぐビジネス」が、「ゼロ金利」と「ゼロ成長」によって苦境に立たされている

日銀のマイナス金利政策が、銀行の収益を圧迫することに。

住宅ローンの採算性はほとんどゼロ、中には新規実行分は赤字という金融機関も多くなっているといわれています

銀行にとって安定収入となっていた住宅ローンが厳しいことから、撤退することに。

もちろん、都心も例外ではなく

もう一つ、メガバンクが共有する危機感は圧倒的なスピードで進むデジタル化の流れ

お金の振り込みや株の購入などの資産運用もインターネット上で簡単にできるようになり、銀行の店舗を訪れる人は年々減っている

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の来店数は過去10年でそれぞれ4割、3割減った

これに対し、銀行各社は次の手を模索

ペーパーレス化などのデジタル技術を導入し事務スペースを削減し、顧客対応スペースを広げた「次世代店舗」を全国に拡大

顧客の行動変化に応じて各社がスマートフォンなどによる“非対面チャネル”のサービス拡充を進めている

手数料収入の確保とともに、窓口でのサービスを有料化することで顧客をATMに誘導し、人員削減につなげてコストを削減しようとしている

1