1. まとめトップ

「薄毛のイケメン」VS「ふさふさのブサイク」でモテ対決したら大差で勝負がついた件

なんとなく薄毛のイケメンが勝ちそうな印象でしたが、かなりの大差になりました。そこから薄毛のブサメンはどうすればいいのか考えてみました。

更新日: 2018年01月09日

1 お気に入り 5102 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ennmxdcssさん

こんなアンケートが・・・

フサフサのフツメンとアンケートを取ってみてほしい気もします。

今回は20代~30代の女性を対象に「ハゲイケメン」vs「ふさふさブサイク」付き合うならどっち?というアンケートを実施しました。

ハゲイケメン……154人(77%)
ふさふさブサイク……46人(23%)

8割近くの女性が「ハゲイケメン」を選ぶ結果になりました!
たとえ髪が薄くなってもイケメンブランドが霞むことはありませんでした。
一緒に歩く訳ですから、容姿は大事ですよね。

フサフサのブサに勝つハゲイケメンにはどうやってなる!?

似合わない人もいますが、帽子を使えばハゲていることはわからなくなりますし、ちゃんと着こなせば印象は一気にアップ。

女性は「ハゲてること」が嫌なのではなく「ダサいこと」が嫌なのです。
ハゲることは、確かに1つのダサいポイントかもしれません。
でも1つくらいのダサいポイントは、他で必ずカバーできます。
ハゲててもモテる男は、共通して「その人独自のおしゃれな雰囲気」を持っています。

薄毛の悩みでオシャレどころじゃ……なんて人もいるかもしれないが、「『LEON』など大人のファッション誌の街角スナップは、薄毛の人の割合も高く、ステキな着こなしの人も多いんです」と話すのはパーソナルスタイリストの大山旬氏。

竹中直人さんテリー伊藤さん渡辺謙さんなど日本人の薄毛の方でもオシャレな方はたくさんいます。
彼らの印象がオシャレやかっこいいなどの理由になるようにさほど薄毛が気になっていないのです。

清潔感が無いとそもそも女性の対象内に入らないことも多いです。
フサフサのブサが嫌われる理由はここが大きいです。

女性には、男性に対して「好きor好きじゃない」以前に、「生理的に無理」というゾーンが存在します。
そして残念ながら「清潔感のない男」の多くが、女性にとって「生理的に無理」な男になってしまうのです。
逆に、人よりも清潔感のある男はそれだけで女性にとって好印象です。
ハゲててもモテる男は、共通して清潔感があります。
いつもギトギトしているハゲはもてません。不潔っぽいハゲもモテません。

モテたいという気持ちがあるなら、まずは清潔感から意識してみてください。
一言で清潔感といっても、見た目であれば洋服の着方や髭や髪型、その他にも匂いや食べ方など色々な要素があります。
できるだけ自分を客観視して、清潔感を保てているかどうかをチェックしてみましょう。

ハゲそのものが不潔なわけではありませんが、日頃から髪や化粧、ファッションなど、オシャレに気をつけている女性からすると、不潔に見えてしまうのかもしれません。

バーコードハゲなんて髪型もありましたが、あれは似合わない髪型の代表格。
上手く薄い部分をカバーしたりカバーが無理そうなら開き直ってスキンヘッドにしたりバランスを考えて髪型を選びましょう。

M字ハゲでも、ヘアスタイルを変えてM字ハゲを目立たなくすることや、違和感をなくしてイケメンになることも可能です。
薄毛やハゲは、育毛や発毛を目指すだけが全てではありません。

イケメンだったり、似合っているならOKという女性も。堂々としていればそれが似合うようにもなってくるので、髪が薄いことをあまりコンプレックスに思わないようにするほうがいいのかも。

ハゲててもモテる男性はハゲを隠していません。
女性は、器の大きい男性を好みます。
堂々として、髪が薄いことを女性に一切気を使わせない人には、「男としての度量」を感じるのです。

ハゲていてもそれを笑いにできるくらいの社交性が欲しいものですね。

女性は男性の細かな行動を意外としっかり見ています。
そこで自然と気遣いができる男性はポイントが高く、見た目に関係なくモテるのです。
あなたの周りにも「そんなにイケてるメンズでもないのにモテるよなー」って人いませんか?
その人はさりげない気遣いができる人かもしれませんよ。

「女性との会話=喋ること」ではありません。「女性との会話=楽しく喋らせること」です。
女性は、一緒にいて心地よい男性を好みます。
そして、いつの時代も女性は話を聞いてもらうことが大好き。
モテる男の共通点は「聞き上手」なことです。

ハゲをネタにして女性を笑わせることができれば、ハゲのマイナスポイントを克服したといってもいいかもしれません。
「楽しませてくれる男性が好き」という女性も多く、ハゲをネタにして一つ笑いをとってみましょう。
笑われるのではなく、笑わせることがポイントです。

1