1. まとめトップ
3 お気に入り 4076 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ababa3さん

1.ミスミソウ

三角草。

この花は、厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして小さな花が咲く。

廃校が決まっている田舎の中学に転校した春花。

最後の卒業生となるクラスで春花を待っていたのは、鬱屈した環境の中、静かに狂い始めたクラスメートによる凄惨なイジメだった――。

ミスミソウ漫画見終わったんやけどすんごいあれ。あれすんごい。すんごいわ。ほんとに「そして誰もいなくなった」ってやつ。あれ実写化とかえぐいな。色んな意味ですごいとしかいいようがない。

2.空が灰色だから

10代女子を中心に、様々な人間のうまくいかない日常を描くオムニバス短編集。説明不能の“心がざわつく”思春期コミック誕生。

空が灰色だからって漫画ヤベーなコレ…サイコパス過ぎてストーリーあんまり理解できねぇ

ちーちゃんと同じ作者のの「空が灰色だから」って漫画もなかなか鬱になるからほどよい鬱を求めてる人には結構オススメしたい

「空が灰色だから」読み直したら相当胸にくる。やっぱり大好きな漫画 pic.twitter.com/k6jX6PtHG0

3.最終兵器彼女

ぎこちなくも清純な交際をしている高校生、シュウジとちせ。札幌が突然の空爆に襲われたある日、シュウジは思いも寄らない姿に変身していたちせに出会った。背中から羽が生え、空をマッハ2の速度で飛び、とてつもなく破壊能力を持つ、自衛隊によって改造された“最終兵器”。それがちせだった。地球のあちこちで紛争が起こるたびに呼び出され現場へ向っていくちせと、彼女を見守ることしかできないシュウジ。ふたりの未来はいったい…!?

最終兵器彼女と聞いて。中学生の頃、兄から借りて読みましたね…。最終話は動悸がずっと止まらなかった

最終兵器彼女久々に読み返して泣いてしまった。本当、二人が幸せであればそれでいい。

最終兵器彼女は嫌いじゃないしむしろ好きだと思うんだけど、もう一回読もうって言う気力がなかなか湧かない。

4.なるたる

星が、その子を導く――。今年小学校6年生の玉依(たまい)シイナが島で出会った、人の認識外のモノたち・乙姫、成竜、そしてホシ丸。シイナの日常が今、ゆっくりと、しかし確実に変わりだす。少年少女が織り成す、地球的スケールの物語が始まった!!

なるたるって漫画気になったから全部読んでみたら...なんだこれ!胸糞じゃねえか!悲しいよ!キャラも可愛いし格好良いし、表現も好きだし、ストーリーもめちゃくちゃ好みなのに、絶望的過ぎだよ...駄目だよこれは...見てて苦しくなるレベルだよ...

なるたる読んだ。意味不明な部分もあるけど、すごい話だった。これからもう少し呼んで意味を理解しようと思う。デビルマンと比較されたブログみたいなのを見つけたことがあったけど、それも納得。こういう題材の漫画本当にすきなんだけど、なるたるはなんか他のとは全然違った。とりあえず鬼頭は天才。

なるたるはつらみ展開やひどいグロ展開てんこもりの漫画ではあるが、徹底した因果応報物語でもあるのである種の爽快感が得られないこともない。悪趣味な人とかにおすすめ。

5.ぼくらの

夏休み、過疎地の村へ“自然学校”にやってきた少年少女15人。1週間が経ったある日、海辺の洞窟へ探検に入った一同は、その奥にコンピューターを持ち込んで住んでいた謎の男・ココペリと出会う。彼は自分が作ったゲームをやらないかと誘い、宇白可奈を除く14人の中学1年生が同意して契約を結ぶ。半信半疑で宿舎に戻った一同だったが、その日の夕刻、大きな物音と共に巨大ロボットが現れて…

「ぼくらの」漫画読み終わった スラスラ読めるけど救いがなさ過ぎる辛い

「ぼくらの」の漫画を貸してる知人と、ぼくらのやっぱやばいよね、やばいんだよ、と語彙力ゼロの会話をしてたけど、本当に大変しんどいです

1 2