1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

化物語にSHIROBAKO!人気アニメの新展開が見逃せないぞ!!

「化物語」が満を持してコミカライズ決定!!ほかにも「SHIROBAKO」や「カードキャプターさくら」,そして「マジンガーZ」も熱い展開をみせているんです…アニメ好きでなくても必見の情報をまとめてみました。

更新日: 2018年01月11日

18 お気に入り 37902 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハマりまくったアニメが様々な形で展開しているのは嬉しいですね!

critical_phyさん

名作が蘇る…「化物語」漫画化に喜びの声!

西尾維新「化物語」のコミカライズが決定した。3月14日発売の週刊少年マガジン2018年15号(講談社)よりスタートする。

2006年より講談社BOXより刊行され、20巻以上を数える小説シリーズの第1弾。吸血鬼となってしまった高校生・阿良々木暦を軸にした、一風変わった青春劇が繰り広げられていく。

講談社の編集部が運営するTwitterアカウント「西尾維新公式情報」が明かしたもの。コミカライズを担当する漫画家は明かされていません。

作画担当はどなたになるのでしょうか…気になる!

ご存知ですか…「SHIROBAKO」の新作が密かに話題になっている!

P.A.WORKS制作によるサクセス・ストーリー・アニメ。夢を追いかける5人の女の子を中心に、トラブルや葛藤や挫折、衝突を繰り広げながら作品の完成を目指すアニメ業界の面々の姿を描く群像劇だ。

シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。

手が込んでいるし、レベルが高い。費やされた手間と才能と情熱は相当なものだろう。二十数分おきに物語が区切られる形式で、一話一話にアニメの快楽が詰まっている。

最新映像が「dアニメストア」の新作CMとして公開中。このCM「ムサニ受注篇」では、dアニメストアのCMを、宮森あおいたちの「武蔵野アニメーション=ムサニ」が受注する一幕が描かれています。

ムサニ受注編と、銘打ってるので実は何本か、既に録ってあったりするのかもしれませんね。やったことがない仕事に、困惑するみゃーもり可愛い!

ちなみに『SHIROBAKO』本編はdアニメストアでも配信されている。CMで懐かしくなったところで、みゃーもりたちのあの忙しくも熱い日々をイッキ見して、新年のスタートを切るのも良さそう。

SHIROBAKO! dアニメストアのCMすごく良い…また続きが見たい

これ待ってました…「カードキャプターさくら」新章がネットをざわつかせた!

「カードキャプターさくら」は、1996~00年に「なかよし」で連載されたCLAMPによる人気漫画のアニメ化。

NHKアニメ史に残る名作のひとつであり、 信者の中には「NHKアニメ最高傑作」と考える者もいるほど。「どんな作品?」と思われた方は、一度視聴されることをオススメする。

CCさくらの世界に触れた人はなんだか心が温かくなり、優しい気持ちになれる。それが今でも多くの人の心をつかんで離さないCCさくらの魅力かなと思います。

新シリーズ「クリアカード編」では、中学生に成長したさくらが小狼と再会。そんな折、かつて集めたさくらカードが透明になって力を失い、物語の舞台・友枝町では不可思議な事件が次々と発生する。

第1話から懐かしいキャラクターたちが次々と登場します! 懐かしさを感じつつ、さくらたちの成長が感じられるシーンにも注目です。本作では、彼女たちは中学生。身も心も成長したからこその人間ドラマが生まれます。

本当に20年近く経っているのかと思うくらい変わらないキャスト陣。改めて声優さんたちの凄さを感じます。新しい映像なのに昔の雰囲気を損ねていないし、美しい。

20年くらい前に 沼で足を取られた人たちが 今また嬉しそうに沼にダイブしているTL #CCさくら

映画公開直前…「マジンガーZ」が盛り上がりまくっている!

「マジンガーZ」は、祖父の兜十蔵博士から巨大ロボット・マジンガーZを託された孫・兜甲児の戦いを描くロボットアクション。

テレビアニメ放送開始後、子供達の間で超大人気になった。この作品は人がロボットに乗り込む形式では初、日本最古の巨大ロボット作品である。

日本で視聴率が最高30%を超える大ヒットを果たした後、日本以外でも放映され、視聴率80%を稼いだスペインやイタリアなどヨーロッパを初めとして世界各国で人気を博している。

1 2