1. まとめトップ

意外と皆んな知らない「電気代節約術がおトクすぎる」

今からでも出来る簡単な電気代の節約術をご紹介します。

更新日: 2018年02月17日

21 お気に入り 26148 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

10%に上がることが予定されている消費税への対策として、今からでも電気代の節約を習慣化させておこう!

◆ エアコンの電気代を節約

◎ エアコンの羽根は上向きに

夏場の冷房はエアコンの羽根を上向きにしよう♪冷気は下に集まりやすいので部屋を効率的に冷やすためには、エアコンの羽は上向きにしよう!効率よく部屋を冷やすことで、エアコンの電気代を節約できます(^ω^)

◎ 古いエアコンは買い替えよう

エアコンはできるだけ新しいものを使いましょう。古いエアコンは電気代が高いため、新しいものを購入してもすぐに元がとれるのです。

◎ エアコンの設定は自動設定に

エアコンは自動に設定しておきましょう。微風や弱風にすると逆に温度調整ができず電気代がかかる事になります。

◎ エアコンのフィルターは小まめに掃除を

【エアコンの電気代】フィルターを掃除する⇒エアコンのフィルターがちりやほこりで汚れていると、風量がおちて冷・暖房効率が低下してしまいます。電気代で5~10%、1年間の金額にして約900円も違ってきます。

◆ 冷蔵庫の電気代を節約

◎ 熱いものを入れるのはNG

【熱い物は冷まして】 冷蔵庫に熱いままの食品を入れると冷蔵庫内の温度が高くなって電気代がかさむだけではなく、他の食品がいたみやすくなってしまう。そこで、熱いものは冷ましてから入れるようにする。50度のものをそのまま入れた場合に比べて、冷ましてから入れると年間約1,880円トク。

◎ 冷蔵庫内の上部には小物を置こう

◆冷蔵庫の電気代節約 冷蔵庫の上段に大きな容器のものを置くと、噴出し口からの冷気の流れを阻害して下段へ冷気が流れにくくなってしまい、余分な電気代がかかるので、上段に小さな物を置き、下段に大きめの物を置いた方が電気代の節約になります。物と物との間に、隙間を作るようにするのも効果的

◆ トイレの電気代を節約

◎ 便座の設定温度は「低」にしよう

【温水洗浄便座の温度設定】 温水洗浄便座の温度設定の「高」と「低」を比べると、年間の消費量は「低」のほうが約250Kwも少なくなる。電気代にすると年間約5,600円もおトク。

◎ トイレの蓋は必ず閉めよう

【節約】トイレの蓋は開けっぱなしにするのと、ちゃんと蓋閉めるのとでは、ウォームレットの電気代が変わる

◆ 掃除機の電気代を節約

◎ 紙パックのゴミは小まめに捨てよう

【掃除機の電気代】紙パックはこまめに変える⇒紙パックにごみがいっぱいだと、吸引力もよわり、掃除に掛かる時間も伸びて、その分多く電気代を使ってしまいます。紙パックのごみはこまめに変えるようにしましょう。

◎ なるべく「弱」で使用しよう

【賢い節約術その36】フローリングや畳を掃除機で吸う場合弱モードでやると電気代の節約になります。●参考サイトgooマネー

1 2