1. まとめトップ

人生を変える「24時間」の使い方

どうやったら人生を変えられるのか?それは今日1日にできることをやるか?やらないか?それだけの話。1日1日のその先に10年後の未来を変えることができる。

更新日: 2018年01月13日

37 お気に入り 22824 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

人生を変えたいそんな人のためにまとめました。

人生を変えたい

いつまで経っても自分に満足できないし人が羨ましくてしょうがないもう助けてほしい他人のこととかクソほど心底どうでもいいのに他人の目が気になってしょうがない生き方変えたい

1日些細な違いが10年後の人生を変える

何か大きな挫折を経験したり、このままでは将来の展望が開けないと感じたり、現状に大きな不満を抱いている時、人は「人生を変えたい」と思うものです。

どんなに偉大な功績も、すべて小さなことの積み重ねの上にある。

20年後、30年後はぴんと来なくても、10年後ならかなりリアルに、「あるべき自分の姿」が見えてくるはずです。ですから、その「姿」を「夢」としてとらえ、大きな目標にするのです。

目標や夢を思い描く

目標を立てる事が目標ではないがゴールをイメージしていないと何をしていいかわからない。

本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。
意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな。

大事なのは「意識」ではなく、現実的な行動であるという事です。

少しでも簡単でもいいから毎日できる事に落とし込む事が重要

睡眠時間を削らない

大切なのは成功のイメージと明日やるべき事をあたまの中で思い描くこと。

“人生の3分の1を人間は眠りに費やす”と言われるほど、人間にとって睡眠はとっても重要な時間です。

睡眠は質を高めるよりも、量を増やすほうが圧倒的にいい睡眠を手に入れる近道になります。

時間の断捨離

人生はやらなきゃいけないことばかり、何も考えなければ無限に浪費してしまうのが時間だ。

“なんとなく”の時間をコンパクトにし、時間の使い方を意識することが、「時間断捨離」の第一歩

移動時間を減らす

自分の人生の時間っていうのを自分の将来あるべき姿に向けて使っているか?

通勤時間が片道30分の方は、往復で1日1時間。月に換算すると、20時間以上。1年では、240時間以上。

1日の移動時間がどのくらいか把握していますか?結構多いと思いますよ、移動時間って。

午前と午後の行動を変える

1 2