1. まとめトップ

仕事や恋愛。誰とでも仲良くなれてしまう方法!【人間関係×心理学】

初対面や面識があまりない人と仲良くなるのはどうするのが一番良いのだろうと思ったことはありませんか?心理学と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが意外と身近な存在なんです。うまく活用できればストレスフリーな素晴らしい人間関係を築けるはず!!

更新日: 2018年04月18日

12 お気に入り 9451 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rakurakuda7さん

■気の合う人と一緒って過ごしやすいですよね

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、似た者同士は集まりやすい傾向にあります

類似性の法則とは、人は、自分と似たものに好感をもつという心理です

■聞いたことあるかも?「ミラーリング」

ミラーリングとは、相手の仕草や行動、言動などをミラー(鏡)のように真似ることを指す、コミュニケーション手法の一種です

ミラー効果と言われることもあります。意識的、無意識的関係なく、相手と似たことをすることは、好感、尊敬を表す行動表現されています。

ミラーリングについて、理化学研究所が研究を行った結果があります。驚くことに、脳波リズムまでも揃うことが発見されたのです。

■どうやら心理学の法則に関係していたみたい。

ミラーリングはもともとは心理学のワードでした。「類似性の法則」という法則が深く関係しており、人間が自分に似ている、近い人を好むという心理の法則です。

最初はあまり興味のない人に対しても、「出身地が同じ」と知って、その人に対して、急に親近感を持ったという経験はないでしょうか

■なにを真似するといいの?

まずは相手が笑ったら、こちらも笑ってみましょう。とても簡単で自然なことなのでここから始めてみましょう。

その他にも
・相手が手を組んだら、自分も手を組む
・相手がコーヒーを飲んだら、自分もコーヒーを飲む
・相手が脚を組んだら、自分も足を組む
・相手が脚を元に戻したら、自分も脚を元に戻す
・相手が資料に目を落としたら、自分も資料に目を落とす
・相手の話すスピード、テンポ、音量に自分も合わせる

あまり共通点がない場合でも、相手の興味や趣味を予め予習し知識を蓄えておくと、相手との距離を縮めるミラーリングを実践できるようになるでしょう。

■ただし!一つ注意点が!!

露骨に、ミラーリングを使ってしまったり、あまり行わないような動作に対してミラーリングをしてしまうと、相手がうざいと感じたり、嫌悪感を抱かれてしまいます。

ミラーリングは、会話の中でさりげなく
偶然と思うぐらい、さりげなく。

相手が足を組んだから、こちらも足を組むのではなく、
相手が足を組んだら、こちらは手を組むなど応用する。

相手の行動を少し見極めることで簡単に実践することができる心理テクニックです。日々の生活に是非実践して、よい人間関係の構築に役立ててください。

■関連まとめ

1