1. まとめトップ

【2018年】世界・海外のビットコイン取引所まとめ!日本語対応のバイナンス(Binance)って何?

仮想通貨、ビットコイン、リップル、イーサリアム、アルトコイン。国内取引所の口座を持っているけれど、もっと安価に取引したい方はいませんか?そういう場合は、海外の口座にチャレンジしてみるといいかもしれません。バイナンス、クーコインなどなど。

更新日: 2018年01月13日

2 お気に入り 2447 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国内の取引所は手数料が高すぎると思っているそこのあなた。もっと安価に取引したい方は海外の口座にチャレンジ!Binance、Kucoinなどの海外取引所をまとめました。バイナンス、クーコインなどなど。

ビットコイン、リップル、イーサリアム…2018年、仮想通貨が熱いぞ!

ビットコイン、リップル、イーサリアムって何?

仮想通貨、皆さんは取引した事はありますか?テレビやネットでも最近注目されてきました。
ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの名前を聞かれる方も多いのではないでしょうか。それらは、仮想通貨本体の名前のことを指します。例えば、日本だったら円が通貨であるように、通貨単位の名前というとわかりやすいかもしれません。

20日で10倍、1年で500倍になったリップルは世界第2位の仲間入り!

「1年で480倍になったリップルコインをタンスの裏から見つけた話」

1年で480倍ですよ。これをバブルと言わずしてなんと言おうか
なお、リップルコインはビットコインと違って最初からトータル1000億コインが発行されている。

ビットコインやリップル以外にも…今から狙いどころの通貨を買うには海外の取引所が良い!?

ビットコインやリップルはもうあがらない?

リップルは2017年11月地点では30円でした。今は300円を超えています。
リップルが1000円を越す事はあるかもしれませんが、ビットコインのように200万になる事は絶対にありえません。理由は、コインの発行数です。リップルは、1000億コインが発行されているので、市場にコインが出回りすぎて希少価値がないのです

今から狙うなら、海外の取引所で扱われる仮想通貨がベスト!   まだ発行数が少なく、安い通貨があれば今後爆発的に伸びる可能性が高いです。
例えば1円の仮想通貨が100円になれば価値は100倍です。10万円預けるだけでも1000万円になります!! 仮想通貨を扱うのが怖い方は海外なら1000円でもできちゃいますよ!

【Binance】や【Kucoin】なら日本語対応!手数料も安いし、取り扱い通貨は100種を超える!

日本の取引所は最高でも13種類…少ない(泣)
より多くのチャンスは海外にあり!

バイナンスは新規ユーザーの登録を一時停止⇒登録再開!

2018年1月5日【悲報】Binance(バイナンス)が新規ユーザーの登録を一時停止!

2018年1月11日 登録再開!

バイナンスが再度登録を停止する可能性あり。その前に早めの登録を!

メールアカウントだけで登録できます。詳しくは以下のページにまとまっていました。


<<【バイナンス(Binance)】の口座開設方法まとめ>>
http://oyakudachisaito.blog.jp/archives/6564733.html

日本の仮想通貨取引所は高いし、取引銘柄が少なすぎ!

どのくらい手数料が高いか?コインチェックでトレードやると10往復ちょいで資産が1/3になる。
取り扱い数も13種類とBinanceやKuCoinと比べると少なく、今から100倍の価値になる通貨は見つからないでしょう。

1