1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『愛していると言ってくれ』だけじゃない!「豊川悦司」映画5選

今春スタートの「半分、青い。」が朝ドラ初出演となる「豊川悦司」。日本を代表する実力派俳優だが、今も代表作というとドラマ「愛していると言ってくれ」が挙がることが多い。そんな豊川の必見映画5選。「12人の優しい日本人」「Love Letter」「大停電の夜に」「今度は愛妻家」「娚の一生」。

更新日: 2018年06月14日

22 お気に入り 35431 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『半分、青い。』が朝ドラ初出演となる「豊川悦司」

豊川悦司が、NHKの2018年前期連続テレビ小説『半分、青い。』(4月2日スタート、月~土 前8:00 総合)に出演することがわかった。豊川は連続テレビ小説初出演。

豊川は、高校生の鈴愛に“漫画家”という夢を与え、師となる、売れっ子少女漫画家・秋風羽織を演じる。

豊川は、北川氏が脚本を担当した1995年のTBS系ドラマ「愛していると言ってくれ」に主演。大ヒットとなり、互いの出世作となった。01年「Love Story」以来17年ぶりのタッグ。

◆『愛していると言ってくれ』が出世作の日本を代表する俳優

『愛していると言ってくれ』(1995)

脚本:北川悦吏子
出演:豊川悦司、常盤貴子、余貴美子、矢田亜希子

演劇集団〈円〉の研究生を経て、渡辺えり子主宰の〈劇団3○○〉に入団。90年、北野武監督映画『3-4×10月』で注目され、翌年映画『12人の優しい日本人』で本格的に映画デビュー。その後、深夜ドラマ『NIGHT HEAD』で脚光を浴び、20代女性を中心にブレイク。

TVでは『愛していると言ってくれ』(TBS)が大ヒットし、人気、実力ともに日本を代表する俳優になる。

近年も「愛の流刑地」「20世紀少年」3部作、「今度は愛妻家」など多くの話題作に出演。日本アカデミー賞では1993年の新人俳優賞をはじめ、助演男優賞と主演男優賞をそれぞれ2回ずつ受賞している。

◆そんな豊川の見逃しがちな必見映画5選

▼『12人の優しい日本人』(1991)

監督:中原俊
脚本:三谷幸喜(東京サンシャインボーイズ)
出演:塩見三省、相島一之、梶原善、豊川悦司

ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた。ここに来た12人は、職業も年齢もバラバラな無作為に選ばれた人々。

被告が若くて美しいことから議論は概ね無罪で決まりかけたとき、ひとりがそれに異を唱えたことから議論は白熱紛糾し……。

「櫻の園」の中原俊監督が、三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズのヒット舞台劇を映画化。

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。

弁護士だと嘘をついて話し合いを解決に導く役者役の豊川悦司のチャラチャラした若さと、主役の相島一之の熱演とエネルギッシュな熱い語りに、今をときめく名役者たちの駆け出しの頃の一面が見れた気がします。

お父さんオススメの映画で「12人の優しい日本人」っていうの観たんやけどむっちゃ面白かった…さすが三谷幸喜脚本…自分が産まれた年の映画やったからレトロ感あったけどクソかっこよいな?って思った人が若い時の豊川悦司だったさすがだわ pic.twitter.com/pJtofQ5DBY

胡散臭い役をやらせたら、ピカイチだよね!トヨエツ様~(* ̄∇ ̄)ノ メガネに関西弁の胡散臭い男! それが豊川悦司‼️そこが大好きなんだ。 私のトヨエツの始まりは『12人の優しい日本人』 #日本アカデミー賞

12人の優しい日本人 名作「十二人の怒れる男」をモチーフにした、三谷幸喜の傑作法廷劇。 前面に出るキャラではないのですが、豊川悦司演じる陪審員11号がすごく良い味を出していると思います。 コメディテイストも入っているので、とても観… twitter.com/i/web/status/9…

▼『Love Letter』(1995)

監督:岩井俊二
脚本:岩井俊二
出演:中山美穂、豊川悦司、酒井美紀、柏原崇

事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。

すると、来るはずのない返事が返って来る。それをきっかけにして、彼と同姓同名で中学時代、彼と同級生だった女性と知り合うことになり……。

岩井俊二監督初の長編。中山美穂がひとり2役で演じるヒロイン2人が、同じある男性に寄せた想いを描く、感動のラブストーリー。共演の豊川悦司、酒井美紀の好演も評判。

それまでCMやTVドラマで活躍してきた岩井監督が、初めて手掛けた長編。後に「リリイ・シュシュのすべて」などで“岩井ワールド”と呼ばれる独自の感性を早くも発揮していた天才ぶりに注目を。

1995年に公開された本作も映画ファンの話題を独占し、韓国でも大ヒットという伝説を残した。

1 2 3