1. まとめトップ

東北工業大学の偏差値や倍率と評判は?合格最低点やボーダーラインとキャンパスの立地条件、就職支援

東北工業大学の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、センター利用入試のボーダーラインはどうか?学生の評判やキャンパスの立地条件、就職支援について書いてみました。

更新日: 2018年01月14日

0 お気に入り 3487 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

東北工業大学の偏差値は?

工学部46~50
ライフデザイン学部44~50

※掲載している偏差値は、2017年度第3回ベネッセ・駿台マーク模試・11月のB判定値(合格可能性60%)の偏差値です。
※B判定値は、過去の入試結果等からベネッセが予想したものであり、各学校の教育内容、社会的地位を示すものではありません。

東北工業大学の偏差値はどうなっているでしょうか?東北工業大学は東北地方では評判の高い理系の大学になると思います。したがって、東北地方では東北工業大学はかなり人気だと思うので、レベルの高い大学と言える可能性もあります。東北工業大学の難易度について紹介していきますけど、東北工業大学の偏差値はどうなっているか?というと、2つの学部しかありませんが、ほとんど偏差値は変わりません。東北工業大学の偏差値に関しては、全体的には難易度は高そうには見えないかもしれませんけど、先ほども言ったように東北工業大学の評判は高い可能性がありますから、見た目の難易度よりは難しいという可能性があります。こういった部分は絶対に知っておかないといけないと思いますから、東北工業大学に入りたい人はまずは偏差値について理解をしておいてほしいと思います。ただ、選択肢がほぼないので、東北工業大学では入りやすい学部などは存在しないと思います。したがって、選択の余地はそんなにありませんけど、東北工業大学に入りたい人はどっちの学部を受験するのか?をまず考えましょう。東北工業大学の偏差値を基準にしてもほとんど差はないので、それぞれの学部の内容の違いを認識したうえで受験する学部を決めていくと良いと思います。東北工業大学の偏差値は重要な情報ではありますが、そういった情報以外でも調べて、東北工業大学を受験していくと良いと思います。

東北工業大学の就職支援や就職実績は?

目標を設定し、就職意欲を高めるキャリアサポートが1年次からスタートします。
東北工業大学では企業の採用方針の変化にいち早く対応し、就職活動のサポートを積極的に行っています。就職活動の一環であるインターンシップ(就業体験)を強化し、実際に社会で活躍している先輩からの就職講演会、さらには就職試験対策などの支援も充実。また、学内外から利用可能な就職活動支援システム『Tohtech Career Navi』により、本学への求人情報を検索することもできます。

八木山・長町の両キャンパスでは、学生一人ひとりの適性に合った進路に導くため、充実の体制で就職活動をアシストしています。
どんな道に進めばいいのか、どんな企業があるのか……。サポートスタッフは進路についての不安や迷いについて相談に応じ、企業の説明会やインターンシップなどの情報を提供します。本学はこれまで、東北地方の企業を中心にたくさん人材を送り出し、高い評価を得てきました。そのノウハウで、皆さんの未来を応援します。

東北工業大学の就職支援についても受験生も知っておきましょう。東北工業大学の就職支援はどうなっているのか?というのは、大学の評判として重要だと思いますから、東北工業大学に入りたいと思っている人は東北工業大学の就職支援についても調べておいてほしいですが、ホームページにはそこまで詳しい内容は載っていないので、東北工業大学の就職支援について調べるには学生の口コミなどから検索するしかないかもしれません。学生がどう感じているのか?というのは東北工業大学の就職支援を調べるうえで、かなり使えると思うので、東北工業大学のホームページで内容がよく分からない人は、東北工業大学の学生の口コミを検索してみて、学生が就職サポートをどう感じているか?について調べてみると良いと思います。こういった部分も東北工業大学の評判として重要ですから。ただ、東北工業大学の就職の評判として大きいのは、やはり就職実績です。東北工業大学の就職実績に関してもホームページに載っているので、そこを見ておくのが1番分かりやすいと思います。学部ごとの就職状況や就職先について書いているので、東北工業大学に入りたい人は就職実績についても見ておくと、東北工業大学の就職の魅力やメリットが分かってくるのではないか?と思います。東北工業大学の就職実績は企業からの評価というものになると思うので、受験生にとってはかなり重要と言えるでしょう。

東北工業大学の倍率はどれくらい?

東北工業大学の倍率はどうなっているでしょうか?東北工業大学に入りたい人は入試に関する情報として、倍率は重要なのでちゃんとチェックしておきましょう。東北工業大学の倍率は大学のレベルに関係する情報で、偏差値とは別の難易度に関する指標になると思います。東北工業大学の倍率に関しては学部学科ごと、入試日程ごとに調べておいてほしいですが、全体的には1倍台が多いです。だから、見た目で言うと東北工業大学の難易度は低そうに見えるかもしれませんが、基本的には東北工業大学の偏差値を満たさないと受からない可能性が高くなるので、倍率が低いとしてもきちんと勉強をしないといけないのです。ただ、東北工業大学の倍率を見ると、一部では1倍台ではなくてもっと高い倍率のケースがあるので、そういったところは注意しておきましょう。また、東北工業大学の倍率に関しては過去のデータとしてのものであって、過去の倍率はこれからも同じようになっていくとは限りませんから、東北工業大学に入りたい人は過去の倍率をチェックしておくことも重要ですが、自分が受ける年度の倍率は完全には予想できません。東北工業大学で志願者速報のようなものがあれば、そういったものを注目していかないといけないのです。東北工業大学の倍率は過去のデータなので、完全に信用はできないかもしれませんが、大きくは変わらないだろうという予測もあるので、参考にはなると思いますから、そういったことを知っておきましょう。

東北工業大学の合格最低点やボーダーラインは?

東北工業大学の合格最低点に関しては気になる人も多くいると思うのですが、インターネットで調べても東北工業大学の合格最低点に関しては情報が載っていないと思われます。したがって、東北工業大学に受かりたい人にとって重要とも言える合格最低点の情報は恐らく見つからないと思われます。赤本があれば、そこに載っている可能性はあるかもしれませんけど、載っていないかもしれません。だから、東北工業大学の合格最低点は分からない中で対策をしていかないといけない可能性もあるということなのです。東北工業大学の合格最低点に関してはそういった感じではありますけど、センター利用入試でも受けられますから、そっちの情報も重要です。東北工業大学の合格最低点も知っておいてほしいですけど、東北工業大学のセンター利用のボーダーラインについても受験する人は調べておきましょう。これはリンク先のセンター試験の得点率のページに載っています。学部ごとに違いますが、工学部は45~65%程度、ライフデザイン学部は45~55%程度となっています。それぞれの学部で東北工業大学のセンター利用のボーダーラインが違うので知っておきましょう。東北工業大学をセンター利用入試で受ける人はこういったボーダーラインが何割か?というのは知らないといけません。東北工業大学のセンター利用のボーダーラインを頭に入れて、センター試験の過去問を解いてほしいので、こういった情報はしっかりと調べておいてほしいと思います。

東北工業大学のキャンパスの立地条件の評判は?

仙台に三つの拠点。

仙台市中心地西側の丘陵地帯に構える八木山、長町の二つのキャンパスは、仙台市中心部へのアクセスもよく、自然環境豊かな場所にあります。また、一番町ロビーは仙台地域と大学の交流の場として、東北工大のサテライトキャンパスとして機能しています。
地下鉄東西線「八木山動物公園駅」から八木山キャンパスは800m。地下鉄を利用すれば、天候や交通渋滞の影響を受けずに大学までアクセスできます。さらに、学生の通学用として、八木山動物公園駅と八木山キャンパス・長町キャンパス間にはシャトルバスを運行します。

仙台駅からは直接、長町キャンパスへ行くバスがあります。ですが、時間帯によってはとても混む時があるので少し大変です。長町キャンパスからは少し歩くとモールがあるので大学の帰りに寄る生徒がわりとたくさんいます。

2つのキャンパスの距離が近いため通学はしやすい。しかし、坂が多いため自転車ではなく原付での移動の方がよいと思う。

キャンパスが二つに分かれており、双方の間を無料のシャトルバスが通っています。山の上にあるので、歩くよりはバスでの通学がオススメです。本校舎の近くには動物園と遊園地があるので、遊ぶのには良いと思います。

最寄り駅からバスで約20分と立地は良いとはいえない。大学のキャンパスまでの道のりがほぼ坂となっているため、自転車や徒歩での通学はおすすめしない。

東北工業大学のキャンパスの立地条件はどうなっているでしょうか?東北工業大学のキャンパスについては、2つあるようなのですが、その2つとも利用するようで、シャトルバスを使って移動をするという口コミがあります。2つのキャンパスはそれほど距離は開いていないようですけど、どちらも立地条件としてはあまりよくないという学生の口コミもあるので、そういったところをチェックしておいてほしいです。東北工業大学のキャンパスの評判はやはり実際に通っている人の口コミを見るのが良いと思いますから、東北工業大学のキャンパスの立地条件については学生の声をまず確認しておいて、それから自分でも東北工業大学のキャンパスに行ってみて、交通アクセス、週販環境、キャンパスの中の施設などについて細かく見ておいてほしいと思います。東北工業大学のキャンパスの評判に関しては、やはり学生生活を送るうえでも重要だと思いますから、学生自身も細かくチェックをしていってほしいと思います。東北工業大学のキャンパスの立地条件について調べたら、それ以外の東北工業大学の魅力やメリットも調べておきましょう。工学部とライフデザイン学部ではそれぞれどんなことを学ぶのか?といった点はやはり重要なので、そこは多くの人にとって確認をしておいてほしいと思います。東北工業大学の評判について調べれば、今まで以上に東北工業大学に受かりたいという思いが強くなるかもしれませんし、東北工業大学に受かりたい人にとってはこういったキャンパスライフに関する情報もチェックしておいた方が良いのです。

1 2