1. まとめトップ

【不眠対策】白湯とその様々な効能【冷え性対策】

白湯の作り方と効果をまとめました。白湯って何だという方に。お金のかからない飲み物としてオススメです。

更新日: 2018年01月22日

2 お気に入り 1095 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

白湯を頼むと熱湯が出されることも多いので正しい温度を含めてまとめました。

白湯 - Wikipedia

白湯(さゆ、しらゆ)は、水を沸かしただけで何も入れていない湯のこと[1]。
湯冷まし(ゆざまし)は、湯をぬるく冷ました物[2]。いったん沸騰させた湯をぬるく冷ますことで、カルキなどの不純物がとび、口当たりも柔らかくなる。

白湯の効果と作り方!ダイエット・美肌・便秘改善・冷え性解消など、美容と健康に効く飲み方を紹介 - Latte

白湯とは、つまり普通のお湯のこと。
正しく言いますと、沸騰させたお湯を飲める温度までぬるく冷ました飲み物です。
「湯冷まし」とも呼ばれており、昔から薬を摂取する際に一緒に飲まれていたものです。
一度沸騰させているため、水道水のような不純物もなく口当たりも柔らかくなっているのが特徴。

病人や新生児など、体が弱っている人も負担なく飲めるうえに、最近では美容効果もあるとして注目を浴びています。

さて、そんな白湯の美容効果には、一体どんなものがあるのでしょうか?

陳代謝を高め、痩せやすくなる
内臓機能を温めることで、血流が大変よくなります。
内臓の温度が1℃上がると免役力が約30%上昇するほか、基礎代謝も約10~12%上がると言われているので、脂肪が燃焼されやすくなります。

白湯で痩せやすい体へと作り変えていくことも可能です。

老廃物を洗い流すデトックス効果
普通の水と違い、身体に受け入れられやすい白湯ですから、どんどん飲むことができて利尿作用も高まります。
利尿作用により体内の老廃物が洗い流され、肝臓や腎臓の動きはさらに活発となります。
そうなると先ほど述べたように新陳代謝も高まりますし、尿を排出することによりむくみ解消にも繋がります。
また水分摂取により便秘も解消されやすくなります。

上記のことから、体内のデトックスに非常に効果的と言えるでしょう。

白湯の正しい作り方
本格版
やかんに水を入れ、強火で沸騰させる。
やかんのフタを取り、湯気が上がるようにする。この間も火は止めないように。
泡がブクブク立ったら火を弱め、10~15分間沸かし続ける。
飲める温度に冷まし、少しずつ時間を掛けて飲んでいく。

忙しい人向け
マグカップ(耐熱)にミネラルウォーターを入れる。
500Wの電子レンジで1分半ほど温める。
少しずつ時間を掛けて飲んでいく。

「白湯」の適温って?正しい作り方と飲み方で体を活性! - macaroni

白湯はまずお湯を沸騰させるのですが、このあと50度ぐらいまで冷まして飲むことが大事。この温度より高すぎたり低すぎたりすると、かえって体に負担がかかってしまうんです。
白湯をマグカップに入れて、マグの表面が「ちょっと熱いな」と思うのが感覚的には適温となります。体温より少し熱めのお湯を飲めば、体にもスムーズに取り入れられやすく、健康効果も得やすいんですね。

お湯を飲むだけ!「白湯」が健康に良いのは本当か|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

まず白湯の作り方。この健康法でいう白湯は、ただ沸かしただけではダメなようだ。水道水をレンジやポットではなく、やかんで10分から15分沸かすのが一般的で、沸騰したお湯は保温ポットなどに移す。

 水道水ではだめという説、やかんに蓋をしてはいけないという説、ポットで沸かしても構わないとう説、など諸説ある。要は水道水を適当に沸かしてから、少し冷まして飲めばいいのではないか。

次は飲み方。飲める程度に冷ました150cc程度の白湯を、身体に負担をかけないため少しずつすするように飲むのが基本だ。特に朝起きて一番の白湯は、なるべくゆっくり15分程度かけて飲むこと。水分補給だけではなく起き抜けの身体を温める効果や、便通を促す効果、血液をサラサラにする効果があるという。

 さらに一日3回の食事中にも同程度の白湯を、ゆっくりと飲む。これは身体を温め消化力を上げるためとされる。トータルで一日5杯から6杯程度が標準で、これより多いと(白湯健康法としては)飲みすぎということになる。

ただのお湯を飲むことがなぜ「効く」のだろうか。白湯健康法について書かれた書籍では、次のような解説がなされている。アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)では人間の身体も、自然界も「水」「火」「風」の3つの要素で成り立つ。水を火にかけることで火の性質が加わる。沸騰することにより気泡が出てさらに風の性質が加わる。つまり白湯は「水」「火」「風」の3要素を完全に満たすものであり、飲むことにより身体の3要素もバランスを取り戻すというのだ。

この説明ではよくわからない人も多いだろう。もちろん別の解釈も成り立つ。まず「水分補給」そのものの効果だ。厚生労働省が昨年から展開している「健康のため水を飲もう」推進運動はその名のとおり水分補給を促すものだ。

 熱中症や中高年に多い脳梗塞・心筋梗塞などは、水分摂取量の不足が大きなリスク要因だ。これら脱水による健康障害や重大な事故などの予防として、件の厚生労働省の運動では寝る前、起床時、運動時やその前後、入浴の前後、のどが渇く前などの様々な機会でのこまめな水分補給を奨励している。

さらに水ではなく湯を飲むことで水分補給の効果が高まる。内臓と手から身体を温めることで、胃腸が活性化されるし血行も良くなる。文字通りのウォームアップで、目覚めを促し気分転換にもなるだろう。また身体を温めることには(異論もあるが)代謝機能や免疫力を高める効果もあるとされるから、デトックスやダイエットはもちろん万病に効くということになる。

 毎朝ゆっくりと白湯を飲む習慣、それ自体が効くという面もあるだろう。自然と早起きになるし、生活のリズムも整う。毎日の食生活などをトータルに見直す時間と気持ちの余裕も生まれる。結果として心身ともに健康に、という流れも考えられるのだ。生活のバランスを取り戻すという意味では、アーユルヴェーダの発想とさほど変わらない。

 いずれにせよ白湯健康法は、手間も費用もさほどかからず、副作用も考えにくいという意味では始めやすい健康法といえる。何か健康法にトライしたいという人にはうってつけの存在である。

(工藤 渉)

冷え性解消に!“朝白湯”の嬉しい温活効果3つ | Rhythm (リズム)

朝一番、胃の中に何も入っていない状態で飲む白湯は、まさに五臓六腑に染み渡るような感覚を得られるでしょう。ていねいに沸かした白湯を、ゆっくりといただきながら過ごす静かな時間は、1日の始まりの儀式のようでもあります。

これは、寝ている間に汗をかいて発散してしまった水分を補うという意味でも、理にかなった飲み方です。白湯で内臓の中を洗い流すようなイメージで飲むのもおすすめ。

実際に、白湯を飲むことで内臓温度が高まると、体温を上げるために身体のエネルギーを使う必要がなくなります。その他の器官の活動に使えるようになるので、体内のエネルギーがしっかりと動き出します。

冷え症さんにおすすめの白湯アレンジ法

白湯が冷え性対策につながるとご紹介しましたが、生姜を加えるとより温め力がアップします。生姜は、「陽性」の身体を持つ食材として知られています。
時々、白湯だけでなく、「生姜湯」も試してみてはいかがでしょうか。

作り方は簡単です。お湯を沸騰させて白湯を作るときに、1.5リットルの水に生姜のスライスを2~3片加えます。沸騰したら、冷まして白湯と同じように飲むだけです。

飲むと身体がぽかぽか温まるのを感じるはずですよ。ぜひ作ってみましょう。

寝付けない原因を解消してくれる!? 白湯の作り方と効果の検証 | フミナーズ

<白湯の作り方・飲み方>

1,コップ1杯分の水を土鍋(土鍋や土瓶が自宅にない場合は、やかんでもOK)で沸かし、長めに沸騰させる。

★ POINT:2分以上沸騰させ、少し長めにお湯を沸かすことで『水』が温まり、『火』のエネルギーをまとって、自然界のよりよい「気」を効果的に身体に取り込めるそう。(土鍋や土瓶で沸かすと、『土』のエネルギーも取り込めるのでおすすめ!)
★ POINT:水道水でもOKですが、軟水のミネラルウォーターならさらにグッド!


2,コップにお湯を注ぎ、冷ましながら10分ほど時間をかけて少しずつ飲む。

★ POINT:少しずつお湯を体内に入れることで、デトックス効果がアップするそう!
★ POINT:体内に毒素がたまっているとまずくて飲みにくく感じ、毒素が排出されると白湯がおいしく感じられるそうです。白湯で自分の体調を知ることができるんですね!

白湯でデトックス!白湯を飲んで、寝る前に体の調子を整えます。

白湯なら外側からではなく内側から温められるので、ゆっくりじんわりと汗が出て、その状態を長くキープしてくれます。よく外側からカラダを温めて汗をかいても、すぐに冷えてしまって汗がひっこんでしまうことってありますが、白湯なら内側から温められるので、より長い時間汗をかくことが出来るのです。
汗をかくことにより血流が良くなって、体内に溜まっていた慢性的なだるさの原因も老廃物として出てくれるかもしれません。

白湯の効果的な飲み方!寝る前と朝はどっちがいいの? | 食う寝る暮らす

1 2