次は飲み方。飲める程度に冷ました150cc程度の白湯を、身体に負担をかけないため少しずつすするように飲むのが基本だ。特に朝起きて一番の白湯は、なるべくゆっくり15分程度かけて飲むこと。水分補給だけではなく起き抜けの身体を温める効果や、便通を促す効果、血液をサラサラにする効果があるという。

 さらに一日3回の食事中にも同程度の白湯を、ゆっくりと飲む。これは身体を温め消化力を上げるためとされる。トータルで一日5杯から6杯程度が標準で、これより多いと(白湯健康法としては)飲みすぎということになる。

出典お湯を飲むだけ!「白湯」が健康に良いのは本当か|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【不眠対策】白湯とその様々な効能【冷え性対策】

白湯の作り方と効果をまとめました。白湯って何だという方に。お金のかからない飲み物としてオススメです。

このまとめを見る