白湯はまずお湯を沸騰させるのですが、このあと50度ぐらいまで冷まして飲むことが大事。この温度より高すぎたり低すぎたりすると、かえって体に負担がかかってしまうんです。
白湯をマグカップに入れて、マグの表面が「ちょっと熱いな」と思うのが感覚的には適温となります。体温より少し熱めのお湯を飲めば、体にもスムーズに取り入れられやすく、健康効果も得やすいんですね。

出典「白湯」の適温って?正しい作り方と飲み方で体を活性! - macaroni

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【不眠対策】白湯とその様々な効能【冷え性対策】

白湯の作り方と効果をまとめました。白湯って何だという方に。お金のかからない飲み物としてオススメです。

このまとめを見る