1. まとめトップ

仮想通貨をはじめて買う人にオススメ情報サイトまとめ【ビットコイン/リップル】

最近ニュースやCMでよく見る「仮想通貨」。FXや株など投資をする人にとっては聞き慣れたものかもしれませんがまだ一般には浸透していないのはないでしょうか。これから仮想通貨を購入してみたい人に役立つオススメの情報サイトをまとめてみました。

更新日: 2018年01月12日

1 お気に入り 3443 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vineomoshiroさん

最近ニュースやインターネットでよく耳にする仮想通貨

CMやニュースでもよく耳にするビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨。
仮想通貨について知っている人もあまり知らない人も少し仮想通貨についておさらいしてみませんか?

仮想通貨についておさらいしよう

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

仮想通貨を購入したら、その通貨を使えるお店で商品などを購入することができます。
使用可能なお店で使える実態のないお金=仮想通貨です。
株のように価値が変動していくのですが株とはまた違うものになります。

先の例で紹介したような仮想通貨とビットコインは、何が違うのでしょうか。実は、存在している理由が全く違うのです。

特定のゲームや Web サイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており、利用者を囲い込むことによって仮想通貨の運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

種類も豊富でビットコインやイーサリアム、リップルなど名前だけでも聞いたことがあるものから名前も全く知らないものまで多くあります。

便利なのは購入した仮想通貨を使えるお店なら世界中ですぐ使える点です。
スマートフォンやPCがお財布になる時代、これからの通貨として期待されています★

仮想通貨にはリスクがあります

11日の取引でビットコインなど仮想通貨は下落。韓国法務省が取引所での仮想通貨取引を禁止する方針を確認したことで、これが需要に水を差すとの懸念が広がった。

  韓国政府は昨年12月28日にこの計画を示していた。また、韓国の大手仮想通貨取引所であるビッサムは、10日に税務当局と会談したことを認めた。捜索を受けたとのロイター通信の報道は否定した。

  香港時間午後0時36分(日本時間同1時36分)現在、ビットコインは10%安の1万2986.41ドル。ブルームバーグのデータによれば、先月付けた最高値からは30%超下げている。リップルは21%安、イーサリアムは8.7%下落。

世界経済などで価値が変わるのは株などと同じです。
最近では韓国政府が仮想通貨の取引を禁止する方針を打ち出したことでビットコインやリップル、イーサリアムなどもかなり価値が一時的に落ちました。

今は価値が上昇している仮想通貨ですが価値は変動しているので株やFXはのようにリスクがあります。
リップルは1年間に300倍にも価値が上がっていますが、現在は少し下がり落ち着きをみせています。
資産運用という意味で、仮想通貨はおこづかい程度の金額から運用をはじめてみるのが安心ですね。

仮想通貨を購入出来る場所は?

まずはじめるならどこで購入したらいいのでしょうか?
購入するのに手続きは面倒?審査とか必要?…なんて考えてしまう方もいるのでは。
仮想通貨はメールアドレスまたは取引所によってはFacebookのアカウントからのログインもできるので、思っているより簡単にはじめることができますよ♪
今回は比較的有名な3つの取引所をご紹介します。

ビットフライヤー

Zaif

Coincheck

仮想通貨の最新情報を知りたい人に★

仮想通貨の価値は秒単位で変動していきます。
昨日購入できた価格と今日の価格は全く違うかもしれません。
購入する側からしたらなるべく損はしたくないもの、、、
仮想通貨の最新情報ってどこでチェックしたらいいのでしょうか?

1