大丈夫なの?話題の「18歳成人」が不安視されてる

成人年齢を18歳に引き下げる改正法案が、今月の国会に提出される見込みです。しかし、この法改正の動きの裏で、いくつかの問題点が指摘されてるようで…。

更新日: 2018年01月14日

17 お気に入り 179958 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今月、「18歳成人案」が国会提出へ

政府は今月開かれる予定の通常国会で、民法などの一部を改正する方針。早ければ2022年に成人年齢は18歳に引き下げられます

イギリスやイタリア、オーストラリアやフランス、ブラジルなど、国際的にみると多くの国では「18歳以上」が「成人」

グローバルスタンダードに合わせるというだけでなく、人口減少時代を迎えた我が国が、今後も活力を維持していくために、若い人々に早く自立してもらう狙いがある

ただ、手放しでは喜べなくて…

18歳に引き下げる際、その年に19歳や20歳を迎える人の成人式はどうするのか、例えば18歳から20歳までの3年分を一度に行うのかといった問題がある

成人年齢が18歳に変わる年は、20歳、19歳、18歳の3グループがまとめて成人式やるんだろうか?

高3の場合、直後に大学受験を控える者が半数以上という難点があります。今年だと8日に「成人の日」を祝った直後の13日から大学入試センター試験が実施

成人式が1月開催だと大学受験と時期が重なり、自治体は対応に苦慮することになりそう

数年後にはこれがごく当たり前のことになるかもしれません。施行後に成人となる18、19歳の若者のうち受験を控えた人は、成人式への出席をあきらめて受験勉強を優先する場合が多くなりそう

成人年齢が18歳になったら成人式いつやる問題(・_・;) ①高3の1月 → 受験でそれどころじゃない ②卒業後の4月 → 浪人生に精神的苦痛 ③同年のGW → 久しぶり感ないし旅行で忙しい ④同年のお盆 → 暑いから羽織・振袖やめ… twitter.com/i/web/status/9…

肝心の成人式にも懸念が…

いわゆる「荒れる成人式」「暴れる新成年」が激減しそう。ほぼ100%が高校へ進学する現在、卒業間際の1月に暴れて停学や退学を食らうのは何としても避けたいでしょう

成立すれば、2022年にも施行される見通しで、1896年の民法制定以来、約120年ぶりの変更となる

今後の法改正の動きには注目です。

1