1. まとめトップ

【保存版】たのしい節約ライフを♡小さな節約の積み重ね→大きな貯金へ!節約方法集めます(随時更新)

貯金がしたいので、毎日の生活から出来る節約を一つづつやっていきたいと思いました。どんな小さな節約でも1つずつやっていけば、大きな節約に。そしていつか大きな貯金へと繋がります。

更新日: 2018年02月23日

25 お気に入り 26087 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

貯金がしたいので、毎日の生活から出来ることから一つづつやっていきたいと思いました。どんな小さな節約でも1つずつやっていけば、大きな節約に。そしていつか大きな貯金へと繋がります。

y-TANIGUCHIさん

■節約の前にやるべき事。

どんなに毎月の収入が少なくても、1000円でもいい。
収入が入ったその日に先取り貯金をしてください。
そうすれば、必ず貯金が出来てきます。

【例】収入15万円 ー 先取貯金1,000円 = 毎月使えるお金(14万9千円)

そうすれば、1年で1万2千円の貯金が出来ます。
この先取り貯金額を、毎日の節約で少しずつ増やしていけるようがんばりましょう!

銀行の自動積立定期預金の場合1000円単位での設定が可能
まずは、無理のない範囲で決めましょう。

自動積立もいいですが、私は投信積立を行っています。
銀行は利息が低いですが、投信積立は元本割れの恐れがありますが、そのリスクも少なく、利子がかなり大きいからです。

■節約術のアレコレ!自分で実践出来るものから一つずつ試そう!

=食費編=

食費を節約する方法は、意外と簡単で誰にでもできる方法

食事は毎日の事ですから、少しの節約でも月単位にするとかなり効果が見える項目です

週休2日制の会社に勤めている人が、ランチに毎回500円を使っているとします。

月に21~22日、毎日なので毎月1万円以上の出費になります。

お弁当なら200円以内の材料費でも十分満足できる内容に仕上がります。これなら1ヶ月で6千円以上節約できます

お弁当は面倒ですが、毎日のことなので大きな差になります。

外食を減らして自炊を増やすこと。

外食は場所代、人件費などが入っている為、節約する人にとってはかなりの痛手になります。
これも食費の節約の基本ですね。

買い物に行って、あなたは何を買いますか?

どうやって選んでいますか?

食費をストレスなくラクに減らす方法として、1番簡単に減らせる方法は旬の食材を使うことです。

旬の野菜は安い!それに比べて、季節が真逆の野菜はかなり高くなります。

食費節約が上手なご家庭が、どんな食材を購入しているか

ニンジン、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、大根
鶏むね肉、豚小間、カニかま、ちくわ

節約したいときは、スーパーに行く前に食材リストをメモしてから買い物に行きましょう。


・もやし
・玉子
・こんにゃく
・豆腐
・にんじん
・たまねぎ
・じゃがいも
・鶏むね肉
・豚こま
・うどん
・パスタ

このあたりが節約にとてもおすすめです。

うどんやパスタなど麺類は安いですよね。乾麺で常備しておきたいです。夏はそうめん、ひやむぎ鉄板です!

キャベツなら、捨ててしまいがちな外側の葉も、少し固いくらいならば、細かめに切ってスープに入れて、しっかり煮ると食べられます。
同じように芯に近い部分も薄切りにして少し長めに火を入れて食べています。

ブロッコリーなら、茎の部分を捨てずに、厚めに皮をむきお味噌汁に入れたら、ガーリックマヨネーズで炒めたりして、一品作ることができます。
カボチャのポタージュやサラダを作るときは、皮をむかずにマッシュしたりブレンダーにかけたりして、黄色い部分と一緒に食べます。

大根の葉っぱなど、捨ててしまったりしていませんか?

安い時にまとめ買いをするのが食費を節約する基本ですが、大量にまとめ買いをしても保存中に腐らせてしまっては意味がありません。そのため日持ちの良い食材は扱いやすい食材といえます。

日持ちが良く栄養価が高い食材といえばヨーグルトや納豆、ソーセージや缶詰などの魚の加工品が挙げられます。

缶詰は安い時に買い置きしておくといいですね。

冷凍しても大丈夫なものは、小分けして冷凍しておくと時短にもなるし、コスパも良くなります。

食材には冷凍に向いているもの、冷凍に向かないものの2種類あります。
凍らせてしまうと食材のうま味がなくなってしまったり、食感が悪くなってしまう;ものがあるのです。

大量に安く買っても、冷凍に失敗したら元も子もない。。

冷凍保存した食材は1カ月を目安に使い切って。ラップにマスキングテープを貼って保存した日にちやグラム数を書いておくと便利。なお、解凍した食品は再冷凍すると品質が劣化し、味も落ちます。一度解凍したらその日のうちに使い切りましょう。

再冷凍はやめたほうがいいですね、、、笑

いまや節約レシピは溢れています。
簡単で節約できるレシピを自分のものにしましょう。

カレーのかさ増しに、こっそり豆腐を入れてみる!
ヘルシーだし、栄養も取れるし、おなかもいっぱい。

毎月の食費は、気を抜くとすぐに高額になってしまいます。 節約レシピをとりいれて、食費は安く抑えましょう

=買い物(食品の買い物も含みます)=

1 2 3 4 5