1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

momongai_iさん

フラクショナルレーザーとは

フラクショナルレーザーとはeCO2(CO2レーザー10,600nm)やフラクセル2(エルビウムグラスヤグレーザー1,540nm)に代表される「皮膚に垂直方向に穴を開けて皮膚を入れ替える」という種類のレーザーです

簡単に言うと、レーザーで肌に小さい小さい穴を開けて皮膚を無理やり入れ替わらせる治療です
1度の治療で肌の10~15%が入れ替わると言われています

フラクショナルレーザーでは、にきび跡の治療や毛穴が気になる方、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という腕のぶつぶつ、妊娠線、たるみ、しわなどに効果があるレーザー治療です。
肝斑に効果があると言うクリニックと肝斑のある肌にフラクショナルレーザーをすると悪化するというクリニックの両方あります。
私が施術してみた感想は、フラクショナルレーザーで肝斑が悪化すると感じました。

施術当日

フラクショナルレーザーを打つと肌が熱を持った状態が数時間続きます。
すごく感想するのでクリニックでもらった難航やワセリン、ヒルドイドクリームなどを塗るなどしてとにかく皮膚が乾燥しないようにする必要があります。
皮膚が熱をもっているので熱を早く引かせるために保冷剤などで冷やすのも効果的です。
レーザー照射後に冷やす冷やさないはクリニックによって違います。

顔全体がかさぺたになる?!

レーザーで小さい穴を開けて傷をつけている状態を作り出しているので肌は治ろうとして、かさぺたになります。
部位にもよりますし一部でしたら気にならないのかもしれませんが、全顔や範囲が広い場合は乾燥が気になります。
回数を重ねるごとにレーザーの出力を上げてもらう事ができるクリニックがほとんどですが、そうすると、かさぺたも色が濃く強くでます。

かさぺたが剥げると新しい皮膚が出現

3~4日目からかさぺたが自然に剥がれ始めて、かさぺたの下の新しい皮膚がでてきます。
それまでがザラザラな顔だったのでかさぺたの下の皮膚が出てきた時は、その差にビックリします。

かさぺたが剥がれ始めたところです。
皮膚が小さく点々になっています。
テカテカしているのはワセリンを塗りまくっているからです

まとめ

にきび跡や傷跡、毛穴の開きなどに有効なフラクショナルレーザーですが、1度では効果がありません。どの美容皮膚科でも3回~5回を1セットとなっているコースを勧められます。
施術後の不快感(皮膚のかさつき、引きつれ感、ざらつき)が強いため、一度施術してみてからコースを組むことをお勧めします。
また、かなり痛みのあるレーザーの為、麻酔クリームを事前に塗りますが自分で塗らなければいけないクリニックもあるようなので面倒な方は病院で塗っていただけるか確認してください。
施術後は皮膚が熱を持つので保冷剤などで冷やしてくれるクリニックをお勧めします。
施術後は、すっぴんで帰ることになるのでマスクの持参と夏よりも紫外線の少ない季節の方がお勧めです。
ダウンタイム強めのレーザーですが、確かに肌は回数をこなせば綺麗になるので気になる方は一度行ってみてください。

1