1. まとめトップ

顔をつるっつるの肌にする6つの方法NEVERまとめ

一口に“肌をきれいにする方法”と言っても、そもそもきれいな肌がどういう状態なのかをわかっていなければ理想の肌にはなれませんよね。きれいな肌とは=つまり健康な肌です。

更新日: 2018年01月15日

2 お気に入り 3730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

セルフケアから美容皮膚科で受けられる施術まで、きれいな肌を保つために知っておきたい情報

InnocentBlueさん

・つるつるのお肌にしたい!

【 つるつる美肌になれる食材】 ・ヨーグルト 〈イライラ・便秘に〉 ・アボカド 〈肌トラブル・冷え・便秘に〉 ・玉ねぎ 〈肌トラブル・便秘に〉 ・しょうが 〈くすみ・シワ・シミ・冷えに〉 ・ベリー系フルーツ 〈シミ・そばかすに〉… twitter.com/i/web/status/9…

ツルツルした卵肌は、女性にとって憧れのお肌の状態です。周りの方の中に、卵肌をした方がいらっしゃるかもしれませんが、お肌にハリと艶があり、お肌がツルツルと輝いていて、本当に羨ましいですよね

「ツルツルの肌」と言うのは簡単ですが、それはどんなお肌のことをいうのでしょうか?

そして、お肌をつるつるには、スキンケアではどんなことができるのでしょうか?

おすすめの食べ物はあるのでしょうか?

日常生活では、どんなことを心がけると良いのでしょうか

肌をつるつるにしたい女性は多いかと思いますが、お肌をつるつるにするにはどのような方法があるのでしょうか?サプリや食べ物、そして肌断食でもつるつる効果が期待できます

1.洗顔方法を変える

朝は洗顔剤は使わずにすすぎ洗いだけにする

顔のお肌は清潔にしないといけませんが、あんまり洗顔しすぎるとお肌に良い皮脂まで落としてしまいます

2.より良い睡眠を

肌のゴールデンタイムにしっかり睡眠を取る

夜22時~深夜2時の間は「肌のゴールデンタイム」。傷ついた肌を修復する成長ホルモンが分泌される時間です。この時間にしっかり睡眠を取ることで、きれいな肌に近づけます

3.フェイスマッサージをする

顔全体を優しくなでて、血流をよくする

肌触りのいいタオルを頭の上からかぶる
指の腹をつかって、赤ちゃんをなでるくらいの優しい力で、顔をなでる
30秒以上続ける

4.保湿を心掛ける

こまめな保湿とホットタオルで潤いのあるキメ肌を保つ

化粧水前に約42度のホットタオルで顔を3分温める
ホットタオルの使用は、化粧水や美容液などを肌により浸透させる効果大。顔の血行も良くなり「くすみ」の予防・解消にも役立ちます。

5.水をたくさん飲む

水分不足になることで、乾燥肌になってしまったりオイリーになったり、またむくみやすくなったりします

お水にレモン汁を少し加えて飲むのも効果的です。

ビタミンCを一緒に摂取することできて、更なる美肌効果に期待がもてます。

飲む水の量の目安は、1日大体1.5リットルから2リットルくらいがベス

6.ニキビはすぐに治す

ニキビを治すためには、洗顔などのスキンケアだけではなく、

内側からのアプローチも必要になってきます。

「ストレス」「寝不足」「栄養不足」です。

ニキビを発生させる原因は無限にあるので、これを改善すればいいというわけではありませんが、

これを改善するだけでも十分予防することはできるのではないかと思います

・改善したい生活習慣

スナック菓子を食べたくなったら 「わざわざ炭水化物の塊を揚げた物を食べるのか」 と言いきかせる それでも食べたくなったら 「今日は食べなくてもいい。いつでも買いに来れる」 と自分に言う  #スリム #美容 #美白  #美肌 #アンチエイジング

生活が不規則で睡眠不足になりがち
ファーストフードやインスタント食品、スナック菓子、揚げ物、お肉が大好き
お酒や食事の暴飲暴食
間食をする
肌に合わない化粧品を使っている
洗顔剤で顔をきれいに洗いすぎてる
ストレスを抱えている

肌が汚い原因

・ツイッターのまとめ

1 2