1. まとめトップ

良く理解して賢く摂取!「カフェイン」の正しい取り方まとめ

カフェインは、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつである。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す

更新日: 2018年01月13日

1 お気に入り 1543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

コーヒーから分離されカフェインと命名された。飲食品では主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる

InnocentBlueさん

・カフェインの効果は?

カフェインというと、眠気を覚ます効果が真っ先に浮かびますが、実はそれ以外にもいろいろな効果があります。まずはカフェインの効果から見ていきましょう。

覚醒作用
解熱鎮痛作用
強心作用
利尿作用

カフェインを飲むと、一部は胃から、残りの大部分は小腸から吸収されます。吸収の速度は比較的早く、口から入った45分後には99%が吸収されています。カフェインを摂ってから血液中の濃度が最大になるまでの時間は、条件によってばらつきがあり15分~120分かかります

適正量については、個人差があり、体重や体格、体質などによって変わってきますが、健康な成人の場合、400mgが1日の適正量とされています。例えば、コーヒーなら1日3杯~4杯程度が適性量に該当します

・カフェインが多く含まれている飲み物は?

ソフトドリンク 350mL
マウンテンデュー 56mg
コカコーラ、ダイエットコーク 46mg
サンキストオレンジ 42mg
ペプシコーラ 38mg

カフェインを多く含む飲み物

・メリットは?

カフェインのメリットは集中力を高められる事と目を覚ませる事です。それは、カフェインに覚醒作用がある為で、その作用が眠気を飛ばしたり,脳の働きを活発にしたりしています

カフェインの効果の継続時間についてですが、摂取してから30分程から効果が出始めて3~4時間で効果がピークになり、6時間程度で効果が消えてくると言われています

・気をつけるべきデメリットは?

カフェインの取り方 高齢者は夕方以降控えめに

カフェインを極端に取りすぎたことによる健康被害が注目を集めている。
身近なコーヒーや煎茶も、1日の量や時間に気をつけて楽しむのがよさそうだ

。体に無理をさせているため、次のような副作用があります。

頭痛
集中力低下
疲労感
軽い鬱症状

カフェインが女性の体によくないワケとは?


尿を出す作用があるのでかえって体の水分がでていってしまう
体を冷やしてしまう→とくにお腹にある内臓で子宮や卵巣、腸を冷やしてしまい血流が悪くなりやすい
ミルクが入っていると脂肪分が含まれているため、脂肪分の取りすぎになってしまい、婦人科の病気を悪化させるのを手伝うことになる
市販のコーヒーには食品添加物がたくさん含まれていて、体に不必要な食品添加物は解毒するのに大量のミネラルやビタミンを使ってしまい、ビタミン・ミネラルが不足してしまうことになる

つねにカフェインをとり続けるのではなく、集中力が必要となる時間帯に合わせてカフェインを取るようにすると、取る量を減らしながら、しかし効果的にカフェインの効能を活用できるのです

・ツイッターのまとめ

コーヒー飲むと爆発的にポジティブになったあと絶望的にネガティブになるんだけど、ホント何入ってるんだ… #カフェイン

【栄養ドリンク】栄養ドリンクを飲んで疲労が回復した経験がある方。これは、疲労が回復したのではなく、カフェインや微量のアルコールの覚醒作用で、一時的に疲れをごまかすものです。「疲労を回復」しているわけではありません。#栄養ドリンク #疲労 #カフェイン

コーヒーを飲むベストタイミングについて考察してみました。 嗜好品としての役割もさながら色んな効能があるのもまた事実! 飲むタイミングにも気を使ってコーヒーの魅力を最大限活かしたいですね! #コーヒー #カフェインtwitter.com/i/web/status/9…

1