1. まとめトップ

肌のトラブルを多く引き起こす乾燥肌 その原因と対処法とは?

しわやニキビ、痒みを生じさせるなど非常に厄介な肌のトラブルを引き起こすのが乾燥肌です。そんな乾燥肌の予防や対策には、睡眠や食事、入浴などの生活習慣や、衣類などのチェック が大事なポイントです。

更新日: 2018年01月16日

1 お気に入り 214 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■乾燥肌とは

乾燥肌とは、角質細胞間脂質が減少したり、皮脂の分泌量が減ってしまうことによって起こる肌トラブルです。肌が水分を含む量を示す水分含有量が低下している状態になり、肌の潤いがなくなったり、カサカサした状態になってしまいます。このような肌になってしまうと肌に柔軟性がなくなり、皮膚がもろくなってひどい場合、ポロポロとめくれることもあります。

■肌が乾燥する主な「原因」

ストレスが原因にもなることは驚きです

・冬の乾燥した空気や暖房

肌は外気の影響を受けやすいため、季節が変わると肌トラブルが起こることも。特に空気が乾燥する冬は、いつもは健康な肌でもカサカサの状態になりやすくなっています。室内のエアコンも、乾燥を引き起こす原因に。

・過労やストレス

過労やストレスは、自律神経の失調を招きます。それにより血行が悪くなったり、腸の働きが低下したりして、肌のトラブルを引き起こします。また、ホルモンのバランスも崩れるため、ターンオーバー(肌の代謝サイクル)にも影響をおよぼします。

・偏った食生活による栄養不足

偏った食生活も、乾燥肌の1つの原因と考えられています。肌に良い「必須脂肪酸」や「カロテン(ビタミンA前駆体)」などの栄養素が不足することも、肌トラブルの原因となります。

・入浴

入浴後20〜30分たつと、肌は入浴前より乾いた「過乾燥」状態になってしまいます。入浴後の過乾燥には、入浴時の大きなリスク「洗うリスク」と「つかるリスク」が関係しています。

●男性の乾燥肌の原因

男性の感想肌の原因は、スキンケア不足です。洗顔後、化粧水だけを軽くつけるだけではいけません。化粧水は蒸発しますので、きちんと乳液やクリームで肌にふたをし、化粧水を肌に閉じ込めることが大切です。

剃刀を使うたびに肌は傷つき乾燥します。なぜなら、剃刀をあてる度に角質層まで一緒に削ってしまうからです。少しでも肌への負担を減らすためには、切れ味の良い剃刀を使い、優しく肌を滑らせるようにしましょう。あわせて、低刺激なノンアルコールのシェービングフォームなどを使うことが大切です。

●乾燥肌の原因が病気の場合

1年中肌が乾燥してかゆみがある場合は、病気である可能性があります。

・アトピー性皮膚炎

激しい肌の乾燥によりかゆみが常に発生し。皮膚をかくことで肌が厚くなり、症状が進むと色素沈着を起こし肌が黒ずむこともあります。

・甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が低下することにより甲状腺のホルモンが不足して、発症します。肌の乾燥が激しくなり、かゆみがとまらなくなるだけではなく、身体の代謝が悪くなり、睡眠や記憶障害、精神機能の低下、抜け毛など重度の症状に悩まされます。

●春に肌が乾燥する理由

・ストレス

春は周りの環境が変わることで、知らずにストレスを感じ、そのために起こる血流不良が肌の乾燥を引き起こします。ストレスは自律神経に作用し、緊張による交感神経が優位になります。そのため末端まで血液が行き渡りにくくなり、結果、肌に栄養が十分に行き渡らず代謝が低下し、肌がゴワゴワして水分が肌に入りにくくなり、乾燥しやすくなります。

・紫外線

春に強くなる紫外線は、メラニン細胞を刺激してシミなどを引き起こすほかに、紫外線から守ろうとして角層が厚くなる肌の働きを起こします。そして血行が悪くなり、肌のターンオーバーがうまくいかないことで肌が乾燥し、紫外線の影響によるターンオーバーの崩れが起こって、さらに乾燥が進みます。

■肌への対策

1 2