1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

JR信越線の立ち往生の件‥運転士の対応に感動の声ひろがる

新潟県三条市のJR信越線の一部区間で普通電車が線路上に積もった雪のため立ち往生した件…様々な声がある中JRの対応は素晴らしいと指摘する声も

更新日: 2018年01月13日

51 お気に入り 383130 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雪のため立ち往生した信越線に関するニュースを様々な視点でまとめてみました。

新潟県三条市を通るJR信越線での大雪の影響トラブルが話題

今季最強の寒波による大雪で、新潟では11日夜から乗客430人が乗った列車が約13時間

午後7時ごろから約430人の乗客が乗った列車が雪のため動けなくなり、立ち往生

この列車には、430人が乗っていましたが、乗客5人が体調不良を訴え病院に搬送されました。

当時の状況も少しづつ分かってきました。

照明や暖房はついていて、トイレもありますが、列車は満員に近い状態だったということです。

新潟地方気象台によると、現場に近い長岡市では、11日午後7時までの24時間に46センチの雪が降っていた。

新潟県三条市のJR信越線で大雪のため動けなくなった普通電車は、駅と駅の間で約15時間にわたって立ち往生した。

午前4時半ごろ、家族らが迎えに来た乗客から降車を始めた。辺り一面銀世界となった田園地帯のど真ん中。立ち往生中、鳴りっぱなしだった踏切の警報音が響く中

約14時間半後の12日午前9時30分、除雪車2台がようやく到着し、雪に埋もれていた進路を開いた。

この一連の流れを指摘する声も

雪害に詳しい長岡技術科学大(長岡市)の上村靖司教授(雪氷工学)は「列車が局所的な吹きだまりに突っ込んだため」と分析する。

現場は新潟県の中では比較的雪の少ない平野部で、雪の多い山間部と比べ除雪機や人員の配置が手薄だったのではないかと指摘

JR東日本は12日、降雪量が多く除雪が追い付かなかったとの見方を示し、対応に問題がなかったかどうか調査する考えを明らかにした。

さらに疑問の声もJR信越本線の東光寺駅からおよそ300m

この距離だったら歩いて駅まで行けるのではと思うが、この駅は周囲が田んぼに囲まれた無人駅で、JR東日本新潟支社によると、雪の影響で駅までバスが入れない上、急なことでバスが手配できなかったという。

また、暗い中で線路上を歩くことは大変危険なため、中にいる方が安全とJRは判断したということだ。

しかし菅義偉官房長官も対応に不快感

「体調不良の方が出るなど利用者が大変困難な状態になったと認識している」と不快感を示した。

自衛隊、消防など関係機関に対する応援の要請が適切に行われていたのか。乗客への情報提供が適切に行われていたのか」などと矢継ぎ早に疑問点を列挙し、対応を問題視した。

政府としても、利用者の利便と安全の確保をしっかり徹底していきたい」と述べました。

そうした中、運転士の対応を称賛する声も広がっています。

運転手は応援が来るまで、乗客の対応や除雪作業をひとりでこなしていたとか。何度も車内と外を行き来していた運転手の姿を見て「(閉じ込められた自分たちより)遙かに大変だっただろうし、泣きたかっただろうし、帰りたかっただろうな」と心中を察した

1 2