1. まとめトップ

テレ朝時代を彷彿とさせる久米宏 大相撲八百長問題にも言及『ボクらの時代』

久米宏×市川紗椰×デーモン閣下という異色の3人が「ボクらの時代」に登場。久米はキャスター時代の市川が好きだったという。共通点の大相撲話では、無気力相撲(八百長相撲)についても言及。テレ朝「ニュースステーション」時代を彷彿とさせる生き生きとした久米が印象的。

更新日: 2018年09月09日

0 お気に入り 1702 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◇今回の出演者は意外過ぎる組み合わせ

【久米宏】

42年アナウンサーとして東京放送(TBS)に入社。ラジオ,テレビで人気をえる。「ザ・ベストテン」などの司会をつとめ,54年フリー。60年からテレビ朝日「ニュースステーション」のメインキャスターとなり,軽妙な話術と批判精神で同局の看板番組にそだてる。

【市川紗椰】

雑誌の専属モデルとしてデビュー。モデル以外にも、タレントとしてテレビや広告などに出演。音楽・読書・アニメ鑑賞・鉄道・相撲と趣味は幅広く、その博識ぶりから専門誌で連載を持つなど、様々な分野のカルチャーに精通している。

【デーモン閣下】

早稲田大学社会科学部卒業。ヘヴィ・メタル・バンド"聖飢魔II"を主宰し、85年に「悪魔が来たりてヘヴィメタル」でデビュー。強烈なキャラクターと音楽に留まらない知識の豊富さから、タレントとしても活躍。特に相撲においては一家言を持っており、相撲評論家としても広く知られる。

◇共通点は早稲田大学出身の相撲好き

私はアニメや鉄道、グルメなど、自分が興味を持ったものをとことん極めたい性格で、相撲もその対象のひとつです。大学生の頃から本格的に見始め、今では両国国技館や地方巡業にも足を運ぶほどのめり込んでいます。

市川紗椰のコメント

僕がいま『ニュースステーション』をやっていたとしたら「貴乃花親方は何が何でも相撲協会を変えたいんです。僕は何があっても貴乃花親方の味方です。理由は申し上げられませんけど」と言ったでしょうね(笑)。

久米宏のコメント

◆そんな3人が集い、番組スタート 各々の紹介から

◆キャスター時代の市川を褒める久米

久米宏さんに「市川紗椰のようにニュースを伝えたかった」と言われた市川紗椰さんニュースキャスターやってよかった #ボクらの時代

凄い組み合わせだなw 悪魔のポジションだけ意味不明だしww ていうか、デーモン閣下はいつの間にデーモン閣下になったんだ。俺の知る我が輩はデーモン小暮だったんだが(;´д`) #ボクらの時代 pic.twitter.com/7Gy68Z1jeC

1 2 3