1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

中国でバズってる!?…生活密着型ロックバンド打首獄門同好会に注目

1月3日公開“布団の中から出たくない”のミュージックビデオが国内を飛び越え、中国で話題になっているラウド系ロック・バンド打首獄門同好会とは。

更新日: 2018年01月14日

33 お気に入り 29691 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

今年、1月3日公開のミュージックビデオが話題に

“布団の中から出たくない”

2018年1月24日リリース『冬盤』に収録

寒い冬の朝、ぬくぬくの布団から出たくない、でも出なきゃいけないという心の葛藤を、ゆったりとしたレゲエ調と超高速のハードロックを織り交ぜて歌い上げている。

打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

今回のミュージックビデオは、ツイッターやLINEスタンプで大人気のクリエイター・るるてあ氏描き下ろしの「コウペンちゃん」を起用

国内での動画再生回数もわずか3週間で70万回以上と話題沸騰なのだが、驚くべきことに中国でそれ以上の勢いで話題となっている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介され、日本の新たな「洗脳神曲」として急速に拡散している。

「笑い死にしそうになった」「魔性を帯びた曲だ」「洗脳される」「トイレがこっちにくればいいのにってところで笑った」「なんとも言えぬ愉快さがある。音量は小さめに」「これ、自分だわ!」「布団、暖かいもんなあ」といった共感や称賛の声が数多く寄せられた。

さらには「中国語で歌ってくれたら、もっとグッときそう」との意見も。

これを受けて、バンド側も「英語字幕付きバージョン」のMVを公開して「字幕さえつければ海外でも通じるのか」と、いたずら心の溢れる試みを始めている。

打首獄門同好会 (Uchikubi Gokumon Doukoukai) - I don' t wanna get out of futon

そんな、生活密着型ロックバンド「打首獄門同好会」って?

【新アー写】それではご覧ください。打首獄門同好会、2017年の新アー写が完成しました。 pic.twitter.com/xS1sGcBojS

打首獄門同好会は2004年に結成されたスリーピースバンド。

重め攻め気なサウンドにして、やたらと生活感溢れるユルい歌詞を乗せた独得のスタイルが「生活密着型ラウドロック」という新たなジャンルを確立

打首獄門同好会「デリシャスティック」

食にまつわる様々な心情が描かれたアルバム『やんごとなき世界』をリリース

あるあるネタ的な歌詞を基調に、デスメタル調の"きのこたけのこ戦争"や、ラッパーのDr.COYASSを迎えた"歯痛くて"など極上のミクスチャー感覚を発揮している。

打首獄門同好会「島国DNA」

1 2