1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

デカ目メイクと言えばアイラインもしっかり引いていましたが今はふんわりでナチュラルに魅せるデカ目メイクが流行となっていますよね。またナチュラルなのにデカ目効果のあるメイクってとっても大人可愛い♡がっつりアイラインを引くのではなく薄くて自然なのにデカ目効果のあるメイクがおすすめです♪

デカ目メイクのコツとは・・

一番大事なのは、根元からしっかりまつ毛をたちあげること。まつ毛がぱっきり1本1本見えるようになるのがデカ目のポイント。
まず、まつ毛を立ち上げてからマスカラを塗って。マツエクをつける場合は、ナチュラルなものを選んで、目元からしっかり立ち上がる様に付けてもらうとデカ目効果あり。

ハイライトで表情明るく

アイシャドウは、「ハイライトカラー・中間色・ダークカラー」の3色をセットにして使いましょう。

アイシャドウの色をグラデーションさせることにより、目を自然に大きく見せることができます。

明るめのアイシャドウで、アイホール、眉毛の下あたりまでハイライトをいれていきます。
ポイントはブラシを中央において外側に向けてブラシを動かし、また中央に戻るという感じにジグザグにブラシを動かしていきます。

目の中心から左右それぞれ中央から外に向かってブラシを流すことで中央部分が一番色が濃くなります。

中央の色を濃く残すことで目をより大きくみせることができるのです♪

目のしたの部分(涙袋のあたり)にも同じ要領でハイライトを入れていくと表情を明るく見せることができます。

アイシャドウのポイント

マットなコーラルブラウンやブラウンベージュのような中間色。アイホール全体ではなく、まつげの際からアイホールの1/2に広げます。パールホワイトやパールの入ったベージュのような「肌になじみやすい」明るい色を、目の横幅の中心(黒目の上)に入れてなじませると自然な立体感が出ます。

目の際から二重幅に向け、グラデーションをつくるようにのせましょう。
そうすることで、目元に立体感が生まれ、目を大きく見せることが期待できます。

アイラインでパッチリ

アイラインを引きましょう。コツは目の際に引くことです。薄めを開けた状態でまぶたを引っ張り上げましょう。そして目のふちぎりぎりのところにラインを描いていくのです。さらにパッチリ効果を得たいなら、上まぶただけでなく下まぶたにもラインを描きます。

ただし太く濃くかいてしまうとパンダのようになってしまいます。不自然に見えてしまいます。ラインを引いたらアイシャドウやファンデーションを使ってぼかすと自然な感じに仕上げられますよ。

すっぴん風なのに、ちゃんと目元を引き締めて、自然な目力を瞳に宿してくれる...。そんな魔法のようなアイラインは「色」に秘密がありました! 考え抜かれた「透け色グレイッシュブラウン」カラーは、目のキワに影のようになじんで、ナチュラルなデカ目に見せてくれます。

プロが教える影色アイラインの引き方
1. 目のキワに沿って細くラインを引きます。目のキワに入れるのが苦手な場合は、目尻にだけ入れてもOK。
2. さらに、黒目の下のまつ毛の生え際にも、細くラインを入れましょう。こうすることで目を縦にも大きく見せることができるので、デカ目効果が倍増します!

もう少し欲張りたい人はここでもうひとつ小ワザを仕込みましょう!

瞳の上部分にだけもう一度ラインを引くことで、ナチュラルなのにグンと目力がアップします。

リキッドアイライナーでパッチリ

黒目の上、粘膜がピンクに見える部分を、黒のリキッドアイライナーで塗りつぶします。

まつげとまつげの間も埋める様な感じでさらに塗りつぶすと、黒目が大きく見えます。黒目が大きく見えると、目全体も大きく見えるから不思議!

自然な涙袋を作る

にっこり微笑えみ、目の下にできたくぼみのところにアイブローペンシルでシュッと線を引きます。(アイブローペンシルは細くて柔らかめのものを使います)
※ここで濃く引きすぎるとクマのように見えてしまうので注意しましょう。

ビューラーでまつ毛をくるりん

ビューラーを使うときは、視線を下にし、瞼を軽く持ち上げます。
まつ毛を前に出すようにして、瞼を挟まないように注意!

まつげをビューラーではさみ、ゆっくりとビューラーを持ち上げてください。

小刻みに、何回かに分けて挟んで、まつ毛にカールをつけます。

ここで一度にギュッとしてしまおうとすると、瞼をビューラーで挟んでしまったり、まつ毛が抜けることがあるので焦らずに。

下まつげでデカ目アップ!

アイメイクをするとき、下まつげに重点を置いているという方はそう多くないのではないでしょうか?下まつげは薄くて短いため存在感が薄くなりがちですが、下まつげがあるのとないのでは目の大きさが左右されると言われています。

マスカラで仕上げ

1 2