「皇帝のことは慕っています。でも、あの方がわたしのことを想ってくれる、というのがわからないの。こんなに若くて至らない娘なのに。皇帝が幸せになるよう、何でもするつもりよ。でも、ほんとにうまくいくのかしら。ああ、あの方が皇帝でさえなければ…」

出典ハプスブルグ家 憂いの美女皇妃エリザベート [Habsburg] - Onlineジャーニー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

美貌の皇妃 エリザベート

ハプスブルク家の支配が終わりを迎えつつあった19世紀末期、一人の伝説的美貌を持った女性がいた。その名前は、エリザベート。今もなお、慕われる彼女の人生をまとめた。

このまとめを見る