1. まとめトップ

スキージャンプ高梨沙羅の最大のライバル マーレン・ルンビ 北欧の素朴な雰囲気のある可愛い女の子

在住するリレハンメルでは大学でスポーツ科学を学ぶ学生の顔も持つ。趣味はサッカー。ジャンプ会場では男子と交じってプレーする姿が目撃されている。その技術は関係者いわく「とんでもなくうまい!」。

更新日: 2018年02月13日

0 お気に入り 2240 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マーレン・ルンビの魅力が伝わる写真や文を集めてみました。

jiye195623さん

フルネームMaren Lundby
誕生日1994年9月7日
出身地 ノルウェー
オップラン県イェービク(ノルウェー語版)
身長173 cm

23歳ルンビ「信じられない」圧巻の飛躍で金メダル ピョンチャン五輪

平昌五輪第4日(12日、アルペンシア・ジャンプセンター)ノルディックスキー・ジャンプ女子マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が105・5メートル、110メートルの264・6点で金メダル

「スキージャンプ・女子W杯」(13日、宮の森ジャンプ競技場)

3位となり記念写真に納まる高梨沙羅(右)。左は2位のアルトハウス・カトリーナ、中央は優勝のルンビ・マレン=札幌市宮の森ジャンプ競技場(撮影・高部洋祐)

今季すべての試合でトップ2を独占しているルンビ、アルトハウスの欧州2強が、札幌でも強さを見せつけた。不利な追い風条件の1回目で95・5メートルを飛び優勝したルンビは「いいパフォーマンスだったと思う。満足している」と、満面の笑み。2回目にこの日の最長不倒となる96メートルを飛んだアルトハウスも「完ぺきではなかったけど、やれることはやった。満足」と、うなずいた。

沙羅のライバル・ルンビが明かした覚醒の秘密

ルンビはカタリナ・アルトハウス(21=ドイツ)と並んで「2強」という言葉も聞かれるほど、今季の成績は安定している。成長の理由は何か。

 ルンビ 技術の向上だわ。体の状態も精神面もどちらも良くなって、自分が取り組むことに自信が持てるようになった。スキージャンプにとっては重要なことよ。
 昨シーズン、W杯個人総合は高梨、伊藤が1、2位と日本勢が圧倒したが、今季は逆の展開。それでもルンビは挑戦者の姿勢を崩さない。

ルンビ 2人は何年も世界のトップに立っている。彼女たちのレベルに追いつくのは私の目標でもあるのよ。今は私が上にいるけど、今から五輪までの1か月は本当に手ごわいと思う。とても強力なライバルね。
 自身の強みは「空中」と分析する。強風が吹いても腕でバランスを取りながら飛距離を伸ばしていく。それを支えるのは強靱な肉体だ。

 ルンビ より負荷をかけてトレーニングしてきたの。何キロ持ち上げるか? 100キロは上がるでしょう。いや、200キロかも。

1