1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

優しいインドの王子が自分の経験をふまえて宮殿をLGBTQ支援のため解放。すごい

インドでは同性間の婚姻は違法とされているのですが

インドで最も有名なゲイ、マンベンドラ・シン王子(52)。同性愛が違法とされる同国で、さらに王族という立場でゲイであることをカミングアウトしたのは2006年のこと。それから10年以上が経ったいま、マンベンドラはレズビアン、ゲイ、トランスジェンダーといったセクシャリティを理由に迫害されるLGBTQ(性的少数者)の人々をグジャラート州西部のラジピプラにある自身の宮殿に受け入れる活動を進めている。英インディペンデントなどが伝えた。

周りのプレッシャーに負け、一度は結婚した王子でしたが上手くいくはずも無く、15ヶ月で離婚。ゲイであることをカミングアウトしたら母親に新聞で勘当宣言をうけたり…自身も辛い目にあってきたからこそ、LGBTQへの支援が必要と痛感。

インドのゲイ王子 自分の宮殿をLGBTQ支援施設に改装 ――同性間の性行為を違法とするインドでLGBTQコミュニティーのために戦い続けてきたゲイ王子が目を付けたのは… newsweekjapan.jp/stories/world/… #インドtwitter.com/i/web/status/9…

インドのゲイ王子 宮殿をLGBTQ支援施設に改装|同性愛が違法とされる同国で、さらに王族という立場でゲイであることをカミングアウトしたのは2006年のこと。 newsweekjapan.jp/stories/world/…

セクシャルマイノリティにも人を愛する権利があるはず、と立ち上がった王子

「カミングアウトしたら、無理やり結婚させられたり家から見放されたりする。一方で家族も多くのプレッシャーに直面する」と言う。「彼らの居場所はどこにもなく、自分自身をサポートする術もない」とLGBTQが置かれた環境の厳しさを指摘した。

「僕がインドの同性愛者に自由がないというのは、彼らに愛する権利がないからだ。(同性愛者は)みんな怯えているよ。恋に落ちた人、恋人がいる人のことを想像してみてください。好きな人とずっと一緒にいたいと願っているのに、怯えて何もできない。それがインドの同性愛者の状況です。」

「法律を変えればもっと多くの人々がカミングアウトして自由に生きられる。しかしそれは、支援を必要とする人が増えることを意味するかもしれない」とマンベンドラは語る。ムンバイやデリーなどの大都市では、LGBTQの居場所が確保できるが、小規模な街にはそういった場所がないという。マンベンドラはそういった未来を見据え「LGBTQの人々が一番必要とする」居場所作りに力を尽くす考えだ。

教育や職業支援も視野に入れた居場所作りを目指してる。すごい。あと、インドの社会の変化の早さもすごい。あんなに厳しい国なのに、最高裁でも認め始めてる。 "インドのゲイ王子 宮殿をLGBTQ支援施設に改装 | ワールド | 最新記事… twitter.com/i/web/status/9…

インドは同性間の性行為が 違法とされています。 その中での動きはきっと僕が 想像するよりもはるかに 難しいことがあるだろうな。 インドのゲイ王子 宮殿をLGBTQ支援施設に改装 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日… twitter.com/i/web/status/9…

「僕たちは、みんな同じ人間だ。みんな平等だ。みんな愛を求めている。同性愛者の権利は、単に裁判所で勝ち取るものではない。人々の心と思いで勝ち取るものだ。」

同性愛がいまだ犯罪のインドに住むゲイ王子、動画でメッセージを送る。 「特別扱いではなく、みんな愛を求めている」 bit.ly/2lFMK71 pic.twitter.com/AvxPdCNjBM

2013年にニュージーランドで同性婚を認める法案が出来たとき、賛成票を投じた1人のおじさん議員が議会で語った内容。 当時も世界中で賞賛されたスピーチ。知らない若い人に向けて。 pic.twitter.com/3acOEvHhKN

1