1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

この記事は私がまとめました

現代の生活に合わせた伝統工芸品

スクモレザー

約600年続く伝統製法から生み出される天然染料『蒅』(すくも)を使用。 天然染色による繊細で味わい深い色合いを、色彩豊かに8色のグラデーションとして表現しました。 デザインレザーとして、伝統染色技法である「絞り染め」や「ローケツ染め」を施したレザーもラインアップしています。

「LARS LARSEN × SUKUMO Leather」コラボモデル発売 ift.tt/2wYnZEa pic.twitter.com/1FK49twqNk

もう販売終わってしまいましたが;;; 国際的にもスクモレザーの名前は知れ渡ってる様子

日本が誇る職人技が融合――世界でも稀有な天然本藍染革「スクモレザー」を使った薄長財布が美しすぎる! jptonya.com/?p=957 pic.twitter.com/O43xkSkNWX

青柳龍之亮が手がけるジュエリーレーベル「FIVE THIRTY PARK」の旗艦店「530PARK」が、ポップアップギャラリーを開催。スクモレザーのスニーカーなどが登場します。 openers.jp/article/1249327 pic.twitter.com/w2JG98HNGz

PAPER STORAGE COMPANY

伝統工芸品として有名な阿波和紙。それを取り扱ってる山文から派生したブランドで和紙というイメージからは思いつかないデザインです

【PAPER STORAGE COMPANY】 老舗紙箱メーカー「株式会社山文」とのコラボレーションにより生まれたディスプレイにピッタリなアイテム¥2,310〜 bit.ly/1J5eYNU pic.twitter.com/5EIvN2NS7M

ファイルボックスなどとして使えます

環窯(たまきがま)

仙台の伝統工芸品である堤焼の「堤焼乾馬窯」で修業した後、独立した陶芸家の髙橋 聡(たかはし さとし)さんがつくる新感覚の焼き物

かつて堤町(仙台市青葉区)一帯に窯場があったことから、その名がついた堤焼。
茶道に通じた伊達藩主の器などを作る御用窯として江戸時代にはじまり、後に甕や鉢、皿をはじめとする庶民の生活雑器を生産するようになって300数十年の歴史を持つ。
粗く優れた地元の土を活かした素朴さと、黒と白の釉薬を豪快に流し掛けた"海鼠釉(なまこゆう)"が特徴で、昭和初期に堤町を訪れた民藝の父・柳宗悦にも東北を代表する民窯として注目され、水甕などが高く評価された。

トルコ釉を使った青が美しい

【出店者紹介 その65】 環窯 髙橋聡(タマキガマ タカハシサトシ) 宮城県仙台市 facebook.com/tamakigama 陶器 ~器で育む 優しい気持ち~ 上記は私の工房 環窯(たまきがま)のキャッチフレーズです。 pic.twitter.com/eglZKYYyES

藤崎催事も明日までとなりました! 今回一緒の環窯さんの作品です!素敵なブルー!環窯さんっ写真が下手くそですみませんっ!ほんとキレイなブルーなんですよ。実物を見に藤崎までぜひお越し下さいませ~。 pic.twitter.com/KKyTo8ydSn

堤焼とは海鼠釉が有名ですが、高橋さんは鮮やかなトルコ釉を使用

購入したお皿は、 一丁目 24番地『環窯』さんと、 二丁目4番地『梅本勇』さんの作品です。 どちらも色がとても綺麗。 大事に使います。 pic.twitter.com/ZBTN8rWw4c

こんにちは。 呟きが、こんな時間になってしまいました(汗) 仙台の窯元・・・山の方をイメージしますが 宮城野区宮千代にある環窯(たまきがま)さんの陶器のご紹介をしています。 見た目涼しげなターコイズカラー pic.twitter.com/0hTkbl0KIq

モメンタムファクトリー・Orii

元々は仏具、仏像などの生産を担っていたそうです

忠之助商店、高岡銅器「モメンタムファクトリー・orii」の銅製トレーを新たに入荷!深みのある絶妙な色合い。使うほどに素材感も愛着も増してくる暮らしの道具。銅製品の着色スペシャリスト「折井着色所」が生み出す新しい形の銅製トレイです^… twitter.com/i/web/status/8…

【モメンタムファクトリー・Orii/富山県】tone tray square S(銅/プレゼント/和/贈り物/内祝い)[セール品] n-shop.grats.jp/fukufuku/?p=25… pic.twitter.com/hjZWf1VI4k

職人.comオフィシャルブログ : モメンタムファクトリー・Oriiさんの商品が一ヶ月待って、やっと入荷いたしました。tone tray S、on the wall mini、時計青銅色の blog.livedoor.jp/shokunincom/ar… pic.twitter.com/OKfJJ7nBnJ

1 2 3