1. まとめトップ

今一番稼げる副業まとめ!!お金が欲しい人必見!!【2018年版】

オススメの副業をジャンルごとに解説していきます。

更新日: 2018年01月15日

3 お気に入り 18349 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

falcon777さん

FX

FXは株式投資やアフィリエイトと共に、長年人気の高い副業です。人気の理由の一つめはその「始めやすさ」。FX会社に自分のオンライン口座を作るだけでFXを始めることができます。人気の二つめの理由は「即お金になる」点です。ネット上でFXの売買をして、利益が出たらそのお金をすぐに出金することができます。

FXは、日本円と米ドル、日本円とユーロなど、2国間の通貨を売買して利益を得る取引です。例えば、1ドル=100円の時にドルを買い、1ドル=101円になった時にドルを売ると利益が生まれます。いくら変動があったか、いくら売買したかで利益は上下します。1日の間で数万円から数十万円稼ぐことも可能なため、すぐにお金が欲しいという方にも向いている副業です。

その反面、FXはアルバイトのように時間を費やしただけ確実にお金になるというものではなく、相場が予想と反対に動いた場合は損失になるリスクを伴います。これからFXを始める方は、取引に慣れるまで少額から始めてみることをオススメします。

FXの始め方はとても簡単です。外為オンラインなどのFX会社に申し込み、自分専用の口座を開設します。送られてきたログインIDとパスワードを入力し、FX会社のネット上のツールを使いオンラインでFXを始められます。24時間、パソコンでもスマホでも取引が可能です。

アフィリエイト

アフィリエイトは副業や不労所得の代表的なものとして注目されています。アフィリエイト収入には大きくわけると下記のような2種類があります。
1.クリックによる収入
Googleアドセンスに登録して申請が通ると、自分のサイトやブログにGoogleの広告リンクが表示され、広告がクリックされるたびに収入が得られるというものです。
2.商品購入による収入
自分のサイトに表示されている広告をクリックされ、さらに商品が購入されると収入が得られます。商品購入までの敷居は高いですが、広告クリックだけよりも高額です。代表的なものとしては楽天やAmazonなどがあります。

楽天やAmazon以外にも、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる代理店に登録する方法もあります。クレジットカードや美容商品系、出会い系サイトのアフィリエイトプログラムもあり、他のアフェリエイトに比べて利益率が高いと言われており、高所得アフィリエイターだと1ヶ月に数百万円から数千万円の売り上げがあります。

逆に、アフィリエイターの中には、1年間で利益が3,000円というケースもあります。ネット上で「誰でも稼げる」「月収10万円の不労所得」などの文字をよく目にしますが、なかなか安定した収入が得られない人が多いのも現実です。

商品モニター

モニターとは、商品を使ったり食べたりして感想を報告して報酬をもらう仕事です。人体実験などの治験モニターなどは報酬額が高くなりますが、入院したり指定の病院に行ったりと手間や時間がかかったり、精神的負担も大きくなります。私は在宅でできないモニターの仕事はしたことがありませんが、できたとしても医療系のモニターはちょっと怖くてやりたくないな・・・というのが本音です。ちなみに在宅でできるモニターだと新しい商品を無料で試せたりするので、謝礼金額が低くても人気の副業です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、個人や企業がアウトソーシングしたい仕事をサイトを通じて仲介するマッチングすることです。クラウドは「Cloud(雲)」ではなく「Crowd(群衆)」の意味で、ソーシングは「Sourcing(業務委託)」を表します。
データ入力やアンケート回答など誰にでも出来る作業から、イラスト・デザイン作成やライティングなど自分の特技を活かせる仕事まで、仕事内容はバラエティに富んでいます。空いた時間を利用して単発で仕事を得る目的で始める人が多いようです。

YouTuber/YouTube広告

Youtubeにあなたがアップロードした動画に貼られた広告に、閲覧者がクリックすると収益が入る仕組みがYoutube広告です。広告の種類には動画形式のもの、バナー形式のものなど複数種類あり、自分の好きなものを選ぶことができます。

Youtube広告を始める際に準備するものは、Youtubeのパートナープログラムへの登録、Googleアドワーズへの登録、2つのアカウントの連携だけ済みます。

収益を得るためには、より多くの人に自分の動画を視聴してもらうことです。広告の内容や視聴者の質により上下しますが、目安として10,000回再生された動画で1,000円程稼いだケースもあるようです。

Youtube広告で儲ける話が過剰にもてはやされ、Youtube広告を始める人は右肩あがりに増えています。その結果、少しでも多くの視聴を獲得しようとツリ動画(信頼性のある情報と見せかけて中身のない動画)や、著作権を全く無視して作られた二次利用動画のような質の悪い動画のアップロードも増加しています。
プレイヤーとコンテンツの数が激増しているなかで10,000回以上視聴される動画コンテンツを新たに作りだすのは簡単なことではなく、その実情は作業時間あたりの収益額は割に合ったものではないと漏らす人も多いようです。

1