1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どうなる?横浜市の「成人式追加開催」計画に賛否両論

はれのひ事件によって成人式に参加できなかった方に対して、横浜市が追加の成人式開催を計画しています。それに対して色々な意見が出ているようです。

更新日: 2018年01月15日

13 お気に入り 150037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考にまとめています。

■今年は成人式に出席することができない人が続出した

「はれのひ」で振り袖のレンタルと着付けを予約していた横浜市の女子大生(19)は、一生に1度の成人式に参加できなかった。

成人の日当日、振袖レンタル業者「はれのひ」が着付け会場をばっくれ。着付けができなかったり、着物そのものが届かなかったりで成人式出席を諦めた人が多数出た

「お店に来て、目を輝かしながら、振袖を選んだり、お化粧をしたりウキウキしている女の子の姿を見ていたら突然休業なんてことできない

女性は「お金だけの問題ではない。せっかくのお祝いがこんなことになり、悲しみと怒りが込み上げてくる」と話した。

実際に被害に遭った方の話です。

「はれのひ」の店がある自治体に被害相談した人の契約金額は2億4000万円を超えているが、篠崎洋一郎社長とは連絡がつかない状況が続いている。

■この問題に対して、キンコン西野さんが「成人式プレゼント」を発表

「はれのひ」が突然営業を取りやめ、成人式の日に晴れ着を着られなかった新成人のために、「リベンジ成人式」をプレゼントすると発表した。

「リベンジ成人式」は、2月4日に開催し、場所は横浜を予定。インターネットで申し込みを受け付け、先着150人で同伴者は2人まで。

参加者全員に無料でレンタルの振り袖を提供し、着付けとヘアメークも無料。写真撮影もプロのカメラマンが無料で行うという。

■横浜市もこれに追随して「追加開催」する動きを見せていた

林文子市長は9日、「全力で被害にあった人を支援する」と表明し、市は式典の追加開催も視野に救済策を検討していた。

林文子市長=現横浜市長

ただ、成人式を担当する市教育委員会事務局生涯学習文化財課の担当者は夕刊フジの取材に「実態の把握に努めているが、今後の対応は白紙だ」と話した。

■この発表に対してネット上では賛否両論

インターネット上で市の姿勢を批判する意見が書き込まれ、市幹部は「予算面の課題を踏まえ、内部でも慎重な声が出た」と明かす。

市幹部は「予算面の課題を踏まえ、内部でも慎重な声が出た」と明かす。

市教育委員会からは「新成人で作る実行委員会を再度集めるのは難しい」といった意見も上がったという。

■実際にネットに上がっている声

成人式の追加開催は大いに賛成。税金の無駄だと言っている人たちは自分の子供が同じ状況だったら、同じことを言うのだろうか…

追加での成人式の開催については賛成です。 税金を使うことになりますが、ふるさと納税で資金を募ることも出来るのではないでしょうか。

やってあげればいいと思う。理不尽な被害を受けることも社会だが、それをフォローしてあげるのも社会の役目ではないだろうか。自分も成人式の日は楽しかったし。 成人式典、自治体の追加開催検討には賛否両論(読売新聞) - Yahoo!ニュー… twitter.com/i/web/status/9…

晴れ着の件で成人式に出られなかった人に向けて来週くらいに追加で成人式やったればいいと思うけどね。それに文句を言う人は関係ない人なんで無視ればいいし、税金ガーとか言うならそこから出りゃええで。住んでくれ頼んどらん

1 2