1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

自分の手で書くのが楽しくなる傍に置いていたい『ボールペン』❻選

傍にボールペンだらけになっちゃいそうな欲しくなるデザインです

更新日: 2018年01月16日

52 お気に入り 25067 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

傍にボールペンだらけになっちゃいそうな欲しくなるデザインです

jetwskyさん

■『Zoom韻 箸』■

日本の文化や精神性を独自の解釈で造形表現した、新しいペンのかたち、それが「韻」シリーズです。
食文化の象徴であり、和の巧みさと繊細さを表現するにふさわしい「箸」をモチーフに、金箔とプラチナ箔で、美しく仕上げました。手にした時に感じる、和の趣をご堪能ください。

余韻や風韻(風流なさま)など日本固有の感性である「韻」から名を付けた「日本のかたち」を追求する筆記具シリーズ

「ZOOM韻 箸 -Hashi-」のモチーフは「箸」。日本の繊細な箸は長い時を経て形づくられてきた。四角が緩やかに丸へと変化する美しいフォルム。それは歴史がつくった日本ならではの機能美。同製品では、漆黒色のボディと、熟練した職人の手加工による金沢箔貼りが優雅さを演出する。

■『CUSTOM切子』

スターリングシルバーにガラス細工の「切子模様」をモチーフとした彫刻を施したボールペン

切り込み細工や彫刻を施したガラス器「切子」。
カスタム切子は切り込み細工をモチーフとした模様をスターリングシルバー製の本体にほどこした所有欲を満たす一本です。

■『ダイアログ 1』■

社外デザイナーとのコラボレーション企画である「ダイアログ」は、ラミーのコンセプトをより先鋭化するために、レギュラーモデルに比べて趣味性やデザイン性を高く設定したシリーズです。

「ダイアログ1」と呼ばれる、リチャード・サッパーデザインの油性ボールペンだ。彼は、ThinkPadのデザインアドバイザーとしても有名だ。

実際使ってみますと、確かに握りやすいですしチタンの手触りは良い

■『アイオン』■

アクセサリー感覚で身につけられるコンパクトボディのジェルインクペン

ポップでシェーファーらしからぬ雰囲気がかわいい。キャップを取って、引き延ばすと芯が出ます。キャップを取る時にパキッと折るように外すのですがこの感触がなかなかよい。

・丸みのある流線形のシルエットが特徴。
・なめらかな書き心地のジェルインクペン。
・片手でさっとペン先が出せるスライド開閉式。
・リングトップをつけると旅行、スポーツ、アウトドアなどの携帯に便利!
・クリップ上部に施されたホワイトドットは、1924年以来シェーファーのすべての商品に施されている品質合格の証。

■『バーディスイッチ』■

1 2