1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

RAW~少女のめざめ~

映画『RAW〜少女のめざめ〜』が、2018年2月2日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国の劇場で公開される。

獣医学校に入学したベジタリアンの少女を主人公にした衝撃のホラー。両親が卒業し姉も在学する獣医学校に入学した少女が生肉を口にしたことをきっかけに変貌していく様子と、彼女の秘密を映し出す。

サイコホラー的要素と合わせて、一人の少女の成長物語としての一面を、リアルでダークな世界観で描き出した問題作。

メガホンを取ったのは、本作が長編デビューとなるジュリア・デュクルノー。主演は、デュクルノー監督の短編映画にも出演したギャランス・マリリエ。

嘘を愛する女とRAW少女のめざめが見たいです、まる

『RAW~少女のめざめ~』日本版予告編。これまた評価が高いらしいフレンチ・カニバル・ホラー。ようやく日本公開されるのね。 youtube.com/watch?v=BO9EeI…

霊的ボリシェヴィキ

1970年代に神道霊学研究家の武田崇元によって提言され、オカルト界で語り継がれてきた概念「霊的ボリシェヴィキ」をテーマに描く恐怖心霊映画。

集音マイクがそこかしこに仕掛けられた奇妙な施設を舞台に、“あの世に触れた”ことがある男女たちが狂気の世界へと足を踏み入れていく。

ゆれる人魚

ポーランドのアグニェシュカ・スモチンスカ監督がメガホンを取り、アンデルセンの「人魚姫」をアレンジした異色ホラー。

共産主義時代のポーランドを舞台に、海から上がった肉食人魚姉妹が成長する過程をパワフルに映し出す。

アグニェシュカ・スモチンスカの長編監督デビュー作となり、キャストにはマルタ・マズレク、ミハリーナ・オルシャンスカ、キンガ・プレイスらが名を連ねた。

1 2