1. まとめトップ

ベッド有、飲酒OK、本を売らない…?クセが凄いイマドキの本屋さんまとめ【書店・専門店】

本が売れない世の中…と言いつつも都内にはゴマンとあるお洒落な書店。今時カフェ併設は当たり前になり、「本を買う」以外にも憩いの場として活用される本屋さん。その中でも一風変わったコンセプトを持つ、癖のある書店のみ集めました。(後半は専門店多め)ブラブラ1人散策にも、デートにもおすすめです。

更新日: 2018年01月26日

7 お気に入り 14261 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新宿アドベンチャー兄弟と申します!兄弟の力を合わせて世の中の様々な情報をまとめていこうと思っています。よろしくお願いします!

ただ本を売るだけじゃない。変わってきている「イマドキ」の書店。

書店が変わってきているのをご存知ですか?

今時お洒落な内装・カフェ併設は当たり前、様々なイベントを催したり
「本を買う」以外にも憩いの場として活用される本屋さん。
お洒落なだけでなく、ちょっと変わったコンセプトを持つ書店・専門店が今、増えています。

①文字通り本に囲まれて眠れる、「BOOK AND BED」

泊まれる本屋さん、がコンセプト。宿泊料金は¥3,500~
#池袋 #宿泊 #秘密基地 #Bar

「BOOK AND BED TOKYO」1号店

【宿泊価格】
「STANDARD」
120cm x 200cm のちょっと広め
¥4,500-(税抜)/1泊 ~

「COMPACT」
80cm × 200cmの少し小さめ
¥3,500-(税抜)/1泊 ~

チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00
※土日祝前日などは変動あり

Wi-Fi 利用無料
シャワー完備
バスタオルと洗面用具のセット有(500円)
食器やトースターもあります

本と寝床という名の通り、この本棚の奥にベッドが配置されている。

まるで秘密j基地のように本棚のスキマにベッドスペースが。

個別の電源コンセント、読書灯、プライバシーカーテンが備わっています。

共用ですが24時間使える
シャワールームと洗面台

7階「BOOK AND BED TOKYO」1号店
の上、8階に新しくできたのが3号店「BOOK AND BED AND BAR」
チェックインはバーカウンターというのも面白い。
お酒や軽食も頂けます。

※頭上には本で出来た通称「ホンデリア」が。

本棚ベッドでなくてもゴロ寝できちゃう場所があちこちにあります。

②家より居心地が良いかも?「天狼院書店(てんろういんしょてん)」

コタツのある書店。夏は「冷やしコタツ」
#池袋 #コタツ #天狼院秘本

ドアを開け、目に飛び込んできたコタツに、まずはびっくり。豊富なカフェメニューに、棚に並んだクラフトビール。

オーナーである三浦さんの「本屋にこたつがあるといいなぁ」との理想がそのまま形になったらしい。
夏はこたつの中に冷風機を入れて、“冷やしこたつ”に変身

こたつでビールも飲めちゃいます

こちらは福岡店。
福岡市中心部の西鉄福岡(天神)駅から歩いて6分。今泉公園に隣接する建物の2階に「福岡天狼院」があります

他の書店と違うのは、本を通じた活動が活発だという点。他の書店でもよくある著者に会えるイベントにとどまることなく、フォト部や旅部、マーケティングや小説家養成ゼミ・・といった、部活やゼミ活動ができるというのが大きな違いの一つです。

ほかにも読書会の開催や劇団公演もあったりと、小さいながらも何かと話題に事欠かない個性派書店なのです。

天狼院書店で有名なのがこの真っ黒な本。一体何かと言うと…

表紙にオリジナルの黒いカバーをかけ、

①タイトル秘密です。
②返品できません。
③他の人には教えないでください。

という条件をのむ事で買うことが出来る「天狼院秘本」

もちろん中身自体は普通の本屋さんで売っているもの。直接でも通販でも購入は可能ですが、3つの条件を受け入れないと購入できない

買ってみてからのお楽しみ!というスタイルのようです。
本屋さんとしてのエンターテイメント!

そんな本が果たして売れるのか…?と思いきや30時間で1000冊売った事もあるとか。凄い!


一定期間を過ぎると【ご開帳】というカタチで公式に中身を開示するらしいので気になる方は調べてみては。
※但し一部においては「一生公開しない」らしい。き、気になる…。

③好奇心の森「DARWIN ROOM(ダーウィンルーム)」

1 2 3 4