1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

警察を信用してはいけない…メキシコの治安がヤバすぎる

治安が悪いことで知られるメキシコ。この国では、本来、正義の見方であるはずの警察官でさえ信用してはいけないそうです。

更新日: 2018年01月17日

19 お気に入り 75291 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■強盗被害の通報で駆けつけた警察官がスマホを強奪?

2017年12月26日、メキシコのショッピングモール「プラザミーブ」が窃盗集団の被害を受けたとして、数十人の警察官が駆け付けた

なんと、万引き犯を捕まえた後、警官が携帯電話やタブレットなどを盗み始めた

警察官の犯行の一部始終を店の防犯カメラが捉えており、店主がその動画をSNS上に投稿し、この事態を受けて7人の警察官が勤務停止、今も内部調査が続いている

■世界トップクラスの治安の悪さで知られるメキシコ

■警察がほとんど機能していない地域もあるらしい

警察官が一般市民からカツアゲ

すべての警察官が悪事を働いているわけではありませんが、何かと因縁をつけて、賄賂を請求する警官もいる

ノーヘル走行、ナンバープレートなしのバイクを止めては、「見逃して欲しかったら、ほら、よこすものがあるだろう?」とオブラートに包んだ表現で、袖の下を要求してくる

なんだかんだといちゃもんをつけてはガンガンカツアゲしてくる

マフィアとの癒着

国内で暗躍する麻薬組織が多額の報酬をえさに警察官を抱き込む例が後を絶たず

汚職警官がメキシコ全土に横行。警察の取り締まり情報を流すわ、押収武器を横流しするわ…

警察も逆らえないほど残虐なマフィアの存在

メキシコのギャングは残虐性を兼ね備え、必ず報復を行う。相手が警察だろうと軍だろうと一般人だろうと関係ない

賄賂に応じない警察官を誘拐し、拷問、暴行の末に首を切り落として街中にさらすような、目を背けたくなる残虐行為はエスカレートし続けている

理念に忠実でいるために、あるいは自らのものを守り、欲しいものを手にするために、ときには特に目的もなく、ギャングは人の命を奪い、罪の意識を抱くこともない

刑務所の中すらもマフィアに制圧されている

1 2