1. まとめトップ

ダイエット臭に注意! 無理なダイエットは体臭をキツくするって本当?

「ダイエットには成功したけど、なんか臭いがきつくなったように感じる」という方も中にはいるのでは?臭いの原因はダイエットにあるかもしれません。

更新日: 2018年01月17日

6 お気に入り 4606 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ダイエット臭についての記事を参考にしました。

ugihrfjvさん

ダイエットが原因で体臭がきつくなる!?

ダイエット臭という言葉をご存知ですか?
これは、ダイエットが原因で体臭がきつくなる症状をさします。特に若い女性に多く、体にとって負担がかかるダイエットが原因のようです。

カラダだけは、常に痩せたいと感じているわけではありません!“ある栄養素”が不足した時、また、空腹を感じたり代謝が下がってしまった時、身体は危機感を感じて、キツい口臭や体臭の原因となる「ケトン体」を合成します。

こうして発生する「ダイエット臭」が、今若い女性(の友人達!)を悩ませるタネに…!

ダイエット臭を招く原因

痩せる効果が高いと言われている糖質制限ダイエットですが、実はダイエット臭を招く原因になります。

エネルギー源としての血中のブドウ糖を使い切ってしまうと、蓄えられている体脂肪が分解されて、新たなエネルギー源となります。この時に肝臓で産生され、血液中に放出される物質をケトン体と言います。

糖質制限によるニオイの原因は・・・

ケトン体を構成する物質は、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸です。このなかのアセトンが体臭や口臭に影響するとされ、「ケトン臭」「アセトン臭」と呼ばれています。甘ずっぱいツーンとしたにおいが特徴です。揮発性があるため、体臭として排出され、呼気に混じると口臭になります。

口臭にも

運動不足だと体の代謝の低下につながります。代謝が悪いと体臭の原因にもなるのです。

運動不足だと体の代謝が悪い状態が続きます。新陳代謝がうまく行われないので、無理な食事制限ダイエットと同様にアンモニアやケトン体というにおい物質が作られます。

作られたにおい物質は血液に乗って全身を巡ります。汗をかくことによってにおい物質も出てくるので体臭の原因となります。くさい汗は衣服にも染みつくので、長時間にわたって嫌なにおいを発し続けます。

ダイエットにありがちなストレスと便秘。
ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れます。また、便秘も体にガスが溜まることになります。それらが合わさると、体臭もきつくなります。

ストレスは様々な健康被害との関わりが知られていますが、自律神経やホルモンバランスの乱れ、代謝や内蔵機能の低下などが引き金となって、体の内側からくる体臭や口臭を発生させる原因になります。

ストレスの影響

便秘が続くと、腸内に蓄積された便が発酵・腐敗することで、アンモニアなどの悪臭成分(ガス)を発生させます。このガスが腸壁から吸収されて血液に乗り全身を巡ることで、汗をかいたときには体臭がキツくなり、肺まで到達したときには呼気に混ざって口臭が現れてきます。

便秘の影響

どういう対策が有効か?

ダイエット効果が出るまでには時間がかかりますが、体への負担の少ないダイエットが対策になります。またダイエット中の適度な運動も欠かせません。

まずは3食のうち1食だけ炭水化物をやめる、といった緩やかな糖質制限からスタートするのが体臭予防の観点からはおすすめです。

ダイエットに運動を取り入れることで、ケトン臭を改善することができます。キレイに痩せるなら、適度な運動も取り入れましょう。

費用はかかりますが、ダイエット効果が高く、体臭の心配がないのは美容医療でダイエットです。ダイエット施術では脂肪吸引やメソセラピー、メディカルダイエットなどがあります。

「おなか」「太もも」「ヒップ」だけでなく、「ホホ・アゴ」「腕」「ふくらはぎ」など、全身の脂肪細胞の吸引が可能です。

脂肪吸引のメリット

ダイエットは厳しい食事制限や激しい運動をし、せっかく痩せてもリバウンドしてしまう事から、挫折する方も多くおります。 ダイエットは、脂肪細胞の数そのものを減らすことはできません。脂肪溶解注射(メソセラピー)は、その名の通り注射により脂肪を溶かし、 脂肪吸引のように脂肪細胞の数そのものを減らすためリバウンドをしにくい体質となります。

メソセラピーのメリット

臭いなくダイエットを成功させよう!

せっかく痩せたのに、臭かったら大変です。ダイエットをされている方は、今回のまとめを参考にしてみてください。

1