1. まとめトップ

【2020年最新版】未来人の予言がヤバすぎる件【第3次世界大戦、都市伝説】

未来人の予言は、結構当たってます。もしかすると2020年以降の予言も当たるかもしれません!都市伝説、オカルト

更新日: 2020年06月28日

115 お気に入り 6048666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

第3次世界大戦は、いずれ起こると思います。

baseraさん

未来人Xさんの予言

2030年になってもコロナは続いてます。インフル的な立ち位置で、完全に収束しません。

しかし2021年にワクチンが開発され、ある程度予防できます。予防接種も可能で、感染者は大幅に減ります。

ただウイルス研究所がある以上、どこまでまた漏れます。

▼2025年、新ウイルスが発生

未来人Xさんの予言では、2025年に新たなウイルスが漏れるそうです。コロナの上位互換のようなウイルスで、世界的パンデミックを引き起こします。

新ウイルスの特徴
・感染力がかなり強い【空気感染する】
・2週間後、41℃の発熱が起こる
・致死率50%
・アルコール消毒では死なない無敵のウイルス

2024年、南海トラフ地震が起こる

日本のウイルス研究所が流される

新ウイルスが漏れる

日本全土に広がる

世界各地に広がりパンデミックが起こる

未来人Cの予言

2020年の5月、岐阜で地震が発生しました。未来人Cさんは南海トラフの前兆と言ってます。これがきっかけで、地震が広がり、南海トラフ地震が起こるそうです。

しかも起こった日が東日本大震災と同じ日。今度はM9、5なので、311を遥かに超えてます。耐震構造ビルが一瞬で崩れるので、破壊力絶大。

・2021年5月、岐阜県で地震が多発【1週間に2~3回は起こる】

・2021年6月、他の県でも地震が多発【南海トラフの前兆と似ている】

・2022年11月、秋口から地震の威力が高まる【震度5、6の地震が普通に起こる】

・2022年3月11日、南海トラフ地震発生【当時はM7と思われた、しかし実際はM9だった】

・余震が1年以上続く【夜中に起こることも。夜中になる地震警報が怖すぎる】

・2025年、第三次世界大戦勃発【アメリカvs中国】

未来人Zの予言

新型コロナウイルスを作ったのは中国と言われてます。しかし決定的な証拠がなく、中国ではありません。そもそも中国にはウイルスを作る技術がない。

仮に中国だったら、自分用のワクチンを開発しています。2021年の調査では、中国じゃないと分かりました。

アメリカも調査を進めていますが、製造元は分かっていません。ただ人工的なもので間違いありません。

新型コロナは無限に型を増やしたり、高温に適応できます。短期間で、世界中に広まったので、完璧に設計されてます。

新型コロナを作った組織は、未だ分かっていません。作った目的は人工削減だと言われています。

人工と思われる部分

・無限に型を増やせる【ワクチンを作れないよう設計】
・高温に強い【60℃でも増え続ける。高温耐性を付与】
・空気中でも数時間生き残る【生存率を伸ばすため、改良を重ねる】
・1度流行したら、ずっと定着する【人間が広めるよう設計】

コロナの突然変異はPCRをすり抜けます。心臓麻痺で死んだ女性に、PCRをしたところ、陰性でした。しかし肺の奥に変異ウイルスが。コロナを作った組織は、PCRを想定した上で、ウイルスを作ってます。2021年、アメリカ政府は、自然発生はありえない・完璧に設計されたウイルスは初めてと発表されました。そして人工的に作られたものとし、調査を進めています。

温暖化が進み冬がなくなります。冬の温度は25℃とやや快適。

しかし夏の温度は、47℃と超高温。地獄のような暑さで、冷房なしだと熱中症になります。あと47℃の高温でも、コロナウイルスは大流行。コロナは60℃でも増殖するので、夏になっても収束しません。

地球の温度は、毎年上がっています。6月の時点で猛暑なので、冬が無くなる未来は遠くありません。

温暖化が進むとこうなる

・車内で亡くなる人が増える【車内の温度は超高音。中はサウナ状態】

・新型コロナウイルスが大流行【太陽(コロナ)だけあって高温に強い。現にブラジルで急増している。】

・海面の温度が上がり、台風が起きやすくなる【1週間に1回のペースで起きる】

・北極・南極の氷が解け、海面が上昇

コロナウイルスですが来年ワクチンが完成します。予防接種が可能なので感染者は減ります。ただコロナは型が豊富。

ワクチンが合わないとかかるので、油断できません。南海トラフは2022年5月に起こります。イルミナティカードの予言は的中で、世界を震撼させました。

日本政府は静岡付近の海底を調べました。陸のプレートがギリギリの所まで引っ張られており、もうすぐ起こることが分かります。

あと南海トラフは100年~200年ごとに起きています。現在、前の南海トラフから100年以上経っており、発生時期に入ってます。

コロナと地震は一生付き合うしかないです。

▼第三次世界大戦は起こらない

現在、アメリカと中国がコロナの件で揉めてます。戦争になりそうですが、心配いりません。トランプ大統領の支持者には、反戦派がたくさんいます。今戦争を起こしたら、次の選挙で勝てなくなり、大統領じゃなくなります。

そして中国という貿易相手を失うので、結果的にアメリカは損します。アメリカはそれを分かっているので戦争しません。

・2022年5月、南海トラフ巨大地震→40万人の死者【静岡、四国、宮崎は壊滅】

・避難所でクラスターが発生【多くの人が発熱、呼吸困難に。コロナによる死者も急増】

・2023年→全国各地で予震続く【太平洋側はM6の予震が続く】

2026年→完全復旧【次の南海トラフは100年後】

今我々が見てる景色は、南海トラフが起こる前の日本

聖徳太子の予言

自分の死後、東京が首都になる→江戸幕府が開かれる

江戸時代になると黒龍が来る→黒船来航

2020年、クハンダが来る【人々を苦しめる謎の疫病】→新型コロナウイルス

2030年、日本人滅亡→大きな地震が起こる【南海トラフを示してる。】

今のところ全て当たってます。聖徳太子恐るべし。

未来人Xの予言

北九州をきっかけに第2波が発生。秋口になると日本中に広がります。

緊急事態宣言が再開され、再びテレワークに。そして中国、アメリカ、欧州でも第2波が広がり、多くの死者を出します。

来年の春に治まりますが、世界はまだまだコロナピーク。仮にオリンピックを開催したら、外国人が日本に押し寄せ、多くの人が感染します。

安倍総理はこれを防ぐため、やむを得ず中止に。オリンピックより国民の命が大切です。

あれだけ対策した韓国でも第2波が!もうじき日本も韓国のようになります。未来を変えるには国民1人1人の協力が必要。県をまたぐ移動をやめれば、いち早く治まります。

未来人Xの予言【新型コロナウイルス】

彼の話によると、秋口に第2波が発生します。10月末から、感染者が増え、緊急事態宣言が復活します。アビガンやレムデシビルで対処できますが、完璧とは言えません。

10月末から、外出しにくくなるので、夏の間やりたい事をやっておきましょう。

来年の4月頃、コロナウイルスの予防接種ができます。インフル的な立ち位置なので、それほど脅威ではありません。

むしろ脅威なのは、南海トラフ。史上最大の巨大地震で、40万人が犠牲になります。来た場合、食料が足りなくなります。

なので早いうちに備えておきましょう。

2020年10月【第2波が発生】

12月もオンライン飲み会

4月に予防接種が可能

2022年に南海トラフが発生【史上最大の大地震。寝てる時いきなり来る】

多くのマンションが一瞬で倒壊、その直後津波がすべてを飲み込む

余震が8か月続く【1~3か月はM6・5がしばらく。その後は4~3がほとんど】

2025年、南海トラフ地震が教科書に載る。世界一有名な災害になる

2030年、南海トラフが映画化される。タイトルは2022

未来人Xの予言

2011年3月11日→東北大地震が起きる【的中】

2015年→熊本地震が起きる【的中】

2021年→新型コロナウイルスのワクチン完成

2022年→南海トラフ巨大地震【M9の巨大地震。死者40万人。日本最大級の大地震】

2023年→アメリカの大統領が変わる

2024年→アメリカと中国の関係悪化【アメリカ側、ヨーロッパ・オーストラリア、中国側、ロシア】

2024年→韓国と北朝鮮が戦争

2025年→中東で宗教戦争

2026年→第三次世界大戦が開幕

2026年→日本も戦争に参加(アメリカ側)【志願すれば戦える】

2027年→第三次世界大戦が終わる

2031年→日本の資源が底を尽きる

2035年→日本、宇宙に進出

2036年→火星で資源を採掘

未来人Xの予言

2019年、中国でコロナウイルスが発生しました。現在、世界中に広がり、死者が増えています。彼の予言ではまた別のウイルスが発生するそうです。

最近では十脚目虹ウイルスが発生しました。このウイルスは甲殻類に寄生し、死に追いやります。中国人が感染したエビを食べた場合、このウイルスに感染!

そしてコロナのように人から人へ感染します。

新型コロナ
鳥インフル
豚コレラ
ハンタウイルス
甲殻類の謎のウイルス
どういうことなの…

1 2 3 4 5