1. まとめトップ

水ダイエットの効果的なやり方は?1日に飲む量やおすすめの種類など

水ダイエットとは水しか摂取しないダイエット法だと思っていませんか?今回はl水ダイエットの正しいやり方をご紹介したいと思います。

更新日: 2018年01月18日

6 お気に入り 13362 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

水ダイエットの方法ご紹介します!

friekingbadさん

水ダイエットの効果

血液の約50%は水分と言われていますが、現代人の体内は水不足に陥っており、そのため血液がドロドロの方が多いと言われています。血液がスムーズに流れないと、栄養や酸素を運ぶ働きが十分に行われず、代謝が低下します。

一方、水をたくさん飲むことで体内の水分量が増えると、血液の流れが早くなり細胞が活性化され、代謝が上がると考えられています。

水を1日に2Lも飲むと、常にお腹がいっぱいの状態になっているため、スーパーやコンビニに行って美味しそうな物を見なければ間食を我慢できるでしょう。ただし、「ダイエット頑張るぞ!」と本気で思っていない人が水ダイエットをしても、お腹がいっぱいでもなかなか間食をやめられない可能性があります。

水ダイエットは女性にオススメのダイエット方法かもしれません。

便秘解消やデトックスで痩せやすい体質に?

便秘の原因の1つは水分不足により以下のように便が硬くなってしまうためなので、十分な水を飲むと便が柔なくなり便秘解消に効果的です。

水ダイエットのやり方

水ダイエットを成功させるためには、どのタイミングで水を飲むのが効果的なのか。
1日の流れに沿って紹介します。

朝起きたら水を飲む
朝起きたらコップ1杯の水を飲みしましょう。これは、1日の始まりとして、習慣にしてもらいたい特にオススメのタイミングです!

水ダイエットをするうえで、水を飲むタイミングは非常に重要です。特に食事前のタイミングというのは食事での摂取カロリーを減らす効果もあるという研究結果もありダイエットに最適なタイミングと言えるのです。

「寝起きに冷たいお水はちょっと…」と思う方もいると思いますが、白湯(お湯)でも良い効果が期待できます。体をあたためる効果もあるので、寒い冬などには欠かせなくなりますよ。

食事から摂取するカロリーを75~90カロリーも減らせるのだとか。逆に食事中に水をたくさん飲んでしまうと食べたものを消化する効果が弱まってしまうため良くありません。水ダイエットをする際は意識して1日3食の食事前に、水を2杯飲むようにしましょう。

寝る前
これも同じ理屈で、水分が不足する前に補給しておきます。冬でも発汗自体はしていますので、しっかり飲んでおきましょう。ただし、寝る直前に飲むとむくみにつながる可能性もあります。寝る30分前くらいにコップ1杯の水を飲むのがよいでしょう。

水ダイエットを成功させるポイント

水ダイエットを行う上で、最も効果的な摂取量は体重の約4%と言われています。体重50kgの方であれば、一日2ℓが目安となります。

一度にたくさん飲むと胃腸に負担がかかったり下痢になる可能性があるため、こまめに水分補給することが大切です。特に「1日2L」は多くの人にとって多いため、コップ1杯150〜200mlとして約10杯分を飲むことを意識しましょう。

一時的に食事をしなければ体重は減るでしょうが、食べ始めればもとに戻ります。それどころか、水だけの状態で体が必死にどこからか栄養を吸収しようとすると、以前よりも蓄えやすい体になってしまいます。

水以外の水分でもダイエットできるの?

「毎日水ばかりでは飽きてしまうかも・・、同じ水分だから問題ないはず!」と、コーヒーや緑茶などを代用する方がいらっしゃいますが、それでは水ダイエットにはなりません

なぜなら、緑茶やコーヒーを摂取した時、それを分解するために水が必要となってしまうため、必要な水をきちんと確保できない恐れがあるからです。

カフェインとアルコールの入った飲み物は気を付けましょう。水ダイエットは名の通り水を飲みます。

特にビールなどのアルコール飲料は大変です。たとえば1ℓ分のビールを飲んだとしましょう。すると1.1ℓ分の尿が出ていくんですね!体内の水分が減ってしまうんですよ。なのでビールを飲んだ分水も同じ量を飲まないといけなくなります。

水ダイエットに適したおすすめの水

「水だから手早く水道水から飲めばいい」というわけではありません。水道水には、人間の体内にあるタンパク質やビタミンなどを破壊してしまう塩素や有害物質が微量ながらに含まれていて、たとえ水道水を沸騰したとしても、これらの塩素や有害物質を完全に除去できるわけではありません

水道水に含まれている塩素は微量で、水質検査等にも合格した、人体に影響がないとされているものです。しかし、塩素にはタンパク質やビタミンを破壊してしまう働きがあり、水道水の微量な塩素でも影響があるという説もありますので、ダイエット目的で飲むならミネラルウォーターがおすすめです。

バナジウム天然水

1 2