1. まとめトップ

パチンコの歴史総まとめ!原型から最新の人気機種まで紹介!

パチンコ機種の歴史をたどり、現在人気の機種をまとめてみました。

更新日: 2018年03月02日

0 お気に入り 2291 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Bmottyさん

「コリントゲーム」や「バガテル」が原点

かつては、大正時代に欧米から輸入された「コリントゲーム」や「バガテル」といったゲーム機が原点といわれていました。

コリントゲームを行っている動画です。

昭和20年になると正村ゲージ!

昭和20年代の半ばには、今でも「パチンコの神様」といわれる正村竹一氏が、現在のパチンコの基本となる画期的な釘配列「正村ゲージ」を考案しました。

昭和30年は「ジンミット」や「チューリップ」

昭和30年代にはジンミットやチューリップといった遊びのアクセントとなる「ヤクモノ」が登場。

パチスロの原型「オリンピアマシン」

40年頃には今のパチスロ機の原型となる「オリンピアマシン」など、新タイプの遊技機が登場します。

昭和55年には「フィーバー機」が登場

昭和55(1980)年に登場した「フィーバー機」。社会の経済発展に連動するかたちで射幸性もあがり、その後、年間で数百軒ずつホールが増えるという空前のブームを作り出します。

昭和56年に「ハネ物」登場!

昭和56(1981)年に登場した「ハネ物」もかなりの人気を博したほか、雀球やアレンジボール、さらにはパチスロ機といったように遊技機のバリエーションも増し、大衆娯楽としての人気を不動のものにしていきます。

そして現代へ…

■地獄少女 宵伽FPU

■ぱちんこ CRうしおととら3200

■黄門ちゃま 神盛ジャッジメント

1 2