1. まとめトップ

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第六期 放送決定

フジテレビほかにて4月1日(日)スタート 毎週日曜午前9時~9時30分(一部地域を除く)「ゲゲゲの鬼太郎」ねこ娘が8頭身の美少女に 変貌ぶりに大反響

更新日: 2018年09月23日

5 お気に入り 56351 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

trauma2896さん

「ゲゲゲの鬼太郎」の新作が9年ぶりに制作されることが18日、分かった
アニメ化は6回目で、目玉おやじ役は初代鬼太郎役の野沢雅子が演じる
鬼太郎の容姿は手足が長くなるなど「現代っ子」にリニューアルされた

フジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の新作が9年ぶりに制作されることが18日、分かった。アニメ化は6回目で、4月1日にスタート(日曜前9・0)。アニメ「ルパン三世」の峰不二子役で知られる人気声優、沢城(さわしろ)みゆきが鬼太郎、初代鬼太郎役のベテラン声優、野沢雅子が目玉おやじを演じる。同作は今年でテレビアニメ化50周年。鬼太郎の容姿は手足が長くなるなど“現代っ子”にリニューアルされた。

ー先生、ネコ娘が可愛くなってしまったことについてなんですが。
「ねこむすび?」

自分は長い間妖怪にこき使われていたので、妖怪が金を運んでくれるようになったのだと言った。
つまりネコ娘はどう変貌しようと、金を運んでくれればよい、というのが水木しげるの主張であるようだった。

政治の研究をしていくと、結局のところ、「日本の政界」と「ゲゲゲの鬼太郎の世界」はそう大して変わらない。本質は一緒で、妖怪と政治家の動きはそんなに変わらないようには見えるねえ。【元東大教授・京極純一】#霊言 pic.twitter.com/YpbZZRinQp

ゲゲゲの鬼太郎 第6期 新ED  レキシが歌う新エンディング曲「GETANOTE」 前EDの、まねきケチャが歌う「鏡の中から」オエオエオーも好きだったけどね #ゲゲゲの鬼太郎 #新ED #猫娘 #まなちゃん pic.twitter.com/KqLkwH2RRq

刑部狸が暴れていると聞いて、きつね様が出てきたのかも

伏見稲荷大社で夜撮影中にヤバいの撮れてしまった…泣きそう…。゚(゚´Д`゚)゚。 pic.twitter.com/DYZgzgx7c4

@mcoscam @ri_i_to_nishina さっき気づかなかったんですけど、女の人?の後ろに鬼みたいた大きい影もありますね、やばいですね…。 気をつけて帰って全身に塩を浴びてしまいましょう!( pic.twitter.com/Vl5gQLfgio

拡大すると、ちょっとヤバイですね。御祓い受けたほうがいいかもしれません

京都府京都市伏見区深草にある神社。旧称は稲荷神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。本殿右には稲荷神明水がある。

全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社である。

第27話 「襲来!バックベアード軍団」

西洋妖怪編あらすじ
西洋妖怪世界の宝・“アルカナの指輪”を盗み出した魔女のアニエス。
彼女を追い、西洋妖怪最強の帝王・バックベアードが部下たちを引き連れ日本へ攻め込んできた。バックベアードの元から逃亡してきたアニエスは鬼太郎と出会い助けを求めるが…!?
アニエスを執拗に追う西洋妖怪の狼男、吸血鬼、フランケンシュタイン、そしてアニエスの姉であるもう一人の魔女…アルカナの指輪に秘められた謎、 アニエスが日本に来た理由、バックベアードの本当の狙いとは一体…!?

第26話 「蠱惑!麗しの画皮」

蠱惑(こわく):人の心を、あやしい魅力でまどわすこと。
画皮:蒲松齢の短編集『聊斎志異』の中の一篇に登場する、皮を被って美女に化けて男を誑かし食う妖怪。本作では巨大な空飛ぶ頭だけの姿。

第25話 「くびれ鬼の呪詛」

軽い気持ちで呪いのアプリを使ってしまったまな。呪った相手は軽い怪我ですんだが、呪いはどんどん増殖し、まなのところにも呪いの知らせがやってくる・・・

日本では「いつき」と読み、幕末の旗本文士・鈴木桃野の随筆『反古のうらがき』巻一に、以下のように語られている。

ある組頭が江戸の麹町で酒宴を開き、ある同心も客の1人として来るはずだったが、なかなか現れない。やがて現れた同心は「急用があるので断りに来た」と言って帰ろうとした。組頭が訳を問いただすと「首をくくる約束をした」と言い、しきりに帰ろうとした。組頭はその同心が乱心したと見て、酒を飲ませて引き止めたところ、やがて同心は落ち着いた。

やがて、喰違御門で首吊り自殺があったという報せが届いた。組頭は、縊鬼がこの同心を殺そうとしたものの諦め、別の者に取り憑いた、これで彼に憑いた縊鬼は離れたと考え、再度事情を問うた。すると同心は、夢の中のようなぼんやりした状態だったのでよく覚えていないがと言いつつ、経緯を話した。それによれば、喰違御門のもとまで彼がやって来たところ、何者かが「首をくくれ」と言った。なぜか彼は拒否できない気持ちになり「組頭のもとへ言って断ってからにしたい」と答えると、相手は「早く断って来い」と送り出したのだという。

事情を知った組頭が「今でも首をくくりたいのか」と尋ねると、同心は首をくくるそぶりをしながら「あなおそろしやおそろしや」と答えたという。

昭和・平成以降の妖怪関連の文献では、この縊鬼は水死者の霊とされ、これに取り憑かれた者は、川に飛び込んで自殺したくなるもの、などと解釈されている。
通行人に首を括れと迫る悪霊とされる。

妖ばなし第二十四話「縊鬼(くびれおに)」
あらすじ>>小吉木穂花は疲れていた。仕事に追われ連日残業当たり前、帰りは終電の日も。小吉木穂花は肉体的にも精神的にも疲れ切っていた。とある日の帰り道、家族での夕食をする約束の時間に遅れトボトボと歩きながら「何のために生きているのだろうか」と溜め息を吐くと背後から「死ぬためだよ」との声が聞こえた。

初回放送 2018年3月17日(土)朝7時30分~
初回放送局 TOKYO-MX2(地デジ093)

第24話 「ねずみ男失踪!?石妖の罠」

ねずみ男が結婚!?驚く鬼太郎たちだが、相手が美人だと知りさらにビックリ!何か怪しいと鬼太郎が思った矢先、ねずみ男が失踪。結婚相手は妖怪だったようだ。
9月16日放送予定

ずしゅう【豆州】⇒伊豆国(いずのくに)(現・静岡県)の山中での石切り場でのこと。昼時になったので、石を切り出していた石工たちはみな休息をとっていた、すると1人の女性が現れ「毎日のお仕事でお疲れでしょう、私が按摩をして差し上げましょう」といって1人の石工の肩を揉んだ。すると石工は按摩がとても気持ちよかったと見え、寝入ってしまった。女性はさらに別の石工を按摩すると、その石工も寝入り、たちまち数人もの石工が按摩されて寝入ってしまった。

残る石工はあと1人となったが、彼はその女を只者ではない、妖怪に違いないと見て、密かにその場を立ち去った。ちょうど猟師に出会ったので事情を話したところ、その猟師もやはり、その女性は狐狸の類に違いないと言った。2人が元の石切り場に戻ると、女性は2人を見て逃げ出そうとした。猟師が銃に弾丸を込めて女性を撃つと、女性の姿は消え、その跡には砕け散った石が残されていた。

眠っている石工たちを見ると、背骨のところに石で引っ掻いたような傷ができており、病気になる危険性もあったが、家に帰ってから薬で手当てをしてどうにか助かった。あの女性は石の気が化けたものだろうといわれたが、その後もその女性はたびたび現われたという。

ゲゲゲの鬼太郎6期-第24話。騙してる男が逆に騙される、にしては喜怒哀楽な感じ。騙してる時は酷い奴だけど、こんなに情に訴えてくる奴はいない。人間といっしょで、キッカケさえあれば本当は優しく生きていけるんだよねぇ(ΦωΦ)o #ゲゲゲの鬼太郎6期 #ゲゲゲの鬼太郎 #ねずみ男 pic.twitter.com/WaVaEpoEwp

1 2 3 4 5 ... 11 12