1. まとめトップ

ご飯を食べてダイエット??のやり方!お米の量やお酢はどれくらい混ぜる?

ダイエットの際は「ご飯」を食べてはいけないと思われがちですが、実はご飯を食べて痩せる方法もある事をご存知でしたか?今回はそんなご飯ダイエットのやり方をご紹介したいと思います。

更新日: 2018年02月01日

9 お気に入り 17447 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ご飯を食べてもダイエットはできます。

hidemaru3さん

ご飯ダイエットとは?

ご飯は太るというイメージ!!ただこれはあくまでも普通にご飯を食べた結果太りやすくなるということです。そしてここでのご飯ダイエットの大きな特徴は、ご飯だけでダイエットをするのではなく、ご飯とお酢を使ったダイエット方法であるということです。これがご飯ダイエットになるわけです。

お米は炊くことによってデンプンという成分ができます。このデンプンは、みなさんご存知のように小腸や大腸にすぐに吸収されるので、脂肪がつきやすく、太る原因につながりやすいと言われています。しかし、このできてしまったデンプンは冷やすと、レジスタントスターチというデンプンに変化します。このレジスタントスターチは、食べた後も小腸や大腸に吸収されにくく、脂肪になりにくいのです!ダイエットには嬉しいことばかりの冷やご飯なんです!

冷やしたご飯だとダイエット中でも炭水化物を食べれるという方法ですが、実際に冷やしご飯ダイエットを行った方の口コミではどのような声が多いのでしょうか?ご飯を食べれるので満腹感があるかも。

ご飯ダイエットの効果

お酢はアルカリ性の食品です。痩せやすく健康的な体は、弱アルカリ性の状態がベストであるといわれています。私たち現代人は、日頃の生活で体が酸性に傾きやすくなっています。

お酢を炭水化物と一緒に食べると、糖質の吸収をゆっくりにしてくれます。お酢には急な血糖値の上昇や血中コレステロールの合成を抑える働きがあります。また、お酢には免疫力のアップや優れた抗酸化作用があり美容にももってこいですね!

冷やご飯ダイエットの効果

レジスタントスターチという食物成分が、ダイエットを手助けしてくれます。レジスタントスターチとは、でんぷん質内に含まれる食物繊維のひとつで、ご飯が冷えることで増えていきます。レジスタントスターチは小腸までは消化されず、エネルギーになりにくい性質があります。また、排便効果を促してくれる働きもあります

カロリーオフとなり、ケーキなど小麦素材にも同じことが言えるほかにも、租借回数のUPや免疫力UP、血糖値上昇を抑えるなど、研究がすすめられています。

ご飯ダイエットのやり方

1日3食の米(ご飯)を食べる(ただし、1食お茶碗1杯(180g)まで)
・毎食お酢小さじ1杯(5ml)を飲まず、料理に混ぜる
・米(ご飯)以外の主食(パンや麺などの穀物・炭水化物)は食べない

小さじ1杯の酢を毎食摂り入れる
ご飯ダイエットの一番の特徴といってもいいのが、このお酢を毎食の食事の中に摂り入れることです。ただこのお酢の摂り方はあくまでも料理としてお酢を使うことです。料理に使うことでお酢に含まれるクエン酸の作用によって血糖値の急上昇を抑えてくれることからお酢を摂るのです。

冷やご飯ダイエットのやり方

ルールは、いつも食べている温かいご飯を冷やして食べるだけ!いつも温かいご飯を食べているのに冷やご飯をいきなり食べ始めることに抵抗がある方は、炊きたてのご飯をおにぎりにし、冷やしておいて食べてみましょう。冷たいおにぎりはコンビニなどにもあるので、比較的抵抗なく食べられると思います。

冷えたごはんを食べる(冷たくなくても可。おにぎりでもOK)
できれば夕食のご飯を冷ご飯に
よく噛んで食べる
もしあれば、日本のお米よりインディカ米(タイ米やジャスミンライスなど)がさらに効果大

ご飯ダイエットのポイント

お酢は摂り過ぎない
さらにご飯を食べても血糖値は急激に上がりにくいため、脂肪を増やしたり、蓄える心配を抑えてくれるのです。ただお酢も摂り過ぎてしまえばよくはありません。お酢はカラダを冷やす作用があるために摂り過ぎてしまうことでさらに冷えを招くことも考えられます。

冷やご飯ダイエットのポイント

太らないからといってご飯をたくさん摂取したりおかずの量が増えてしまったりによるダイエット失敗もあるようです。太らないという油断により逆に太ってしまたという口コミもあったので、いくらカロリーが半分になるからといって食べ過ぎてしまうのは失敗の元になります。

1 2