1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

筋肉が増えたり、大きくなる仕組みってどんなものなのかをまとめてみました。それと、筋肉に悪いこともこの中に書いてあります。早く言えばじ自分がされて嫌なことは筋肉にもしてはダメ‼

筋肉痛っていったいなんやねん

筋肉痛は簡単に言ってしまえば筋肉が傷ついている状態のこと
難しく言えば運動により傷ついた筋繊維が炎症を起こし、そのダメージを原因とする痛みのこと

身近なものだけど、医学的な詳細がまだまだ分かっていない

筋肉痛と言えば、普段運動をしない人が急に動いたりすると必ずと言っていいほどなってしまいますが、こんなに身近なのに医学的な詳細はまだまだ分からないことが多いのだそう。
しかし、はっきりとわかっていることもあるんです!

しかし、はっきりわかっていることもある

はっきりしているのは、運動により傷ついた筋肉が元の状態に戻ろうとする過程の一部であること。つまり、筋肉が傷ついた後に修理するときに痛みが伴うもの。
ただ!!この筋肉痛の過程が筋肉をつけていく上では欠かせないものであるということも忘れてはいけません!!

馬鹿の一つ覚えみたいに筋トレばっかりをしたのでは意味がない

「筋肉をつけていく上で重要なことは?」と聞かれれば「筋トレをすることじゃね」と答えられるかもしれません。もちろん間違いではありませんし、何より筋トレをしなくては筋肉はつかないのは火を見るよりも明らかです。しかし、筋トレよりも重要なのが、筋トレ後の栄養補給、そして休養です。

先ほども書いたように筋肉痛は筋肉が傷ついて回復しようとするときの痛みです。この回復が筋肉を増やしていくためには絶対に必要なものとなります‼
筋肉は傷つくと、傷つく以前よりも傷つきにくくなるように少し大きく太く修復されます。筋肉痛になるたびに、受けた不可に耐えられるように体の筋肉は少しずつ、本当に少しずつ大きくたくましくなっているのです。

筋肉をつけるためには。運動→筋肉痛→十分な栄養と休息のサイクルを回していかなくてはいけない

筋トレをすれば、それだけ筋肉が傷ついてしまいます。筋肉が傷ついて元の状態に戻っていない、つまり筋肉痛のまま筋トレをするのはオーバートレーニングや、せっかく筋トレをしたのにパワーダウンにつながる可能性があります。マラソンでクッタクタになった体で、ダッシュ10本走れと言われれば、いつも以上のパフォーマンスができるわけありません。運動した後は人間も、筋肉もきちんと休息をとっていかないといけないのです。

最後の追い打ちが適切な栄養補給

筋肉が傷ついた状態から、元の状態に復元していくには適切な栄養補給が必要となります。なので、無理なダイエット+筋トレは筋肉にも健康にもよろしくありません。筋肉を回復するためには、筋トレ後の適切な栄養補給が必要なのです。腹減った状態で動きたくないですよね、筋肉もそれと同じなのです。

なので、ダイエットは無理な食事制限ではなく、いつもの食事に筋トレを取り入れただけでもかなり変わってきます。食事制限などは自分との戦いですが、自宅でできる簡単な筋トレは今の生活にプラスするだけです。なにより、筋トレをすればそれだけ体のラインも美しくなります。ただ痩せるだけでは、体のラインは骨格になってしまうので、骨格標本さながらのシルエットになってしまいます。せっかく痩せるなら、キレイに痩せて、自信にもつなげていきましょう‼

筋トレは筋肉痛の積み重ね

世の中で努力は裏切らないとよく言われますが、筋トレほどその言葉が似あうものはありません。筋肉が大きくなるためには筋肉痛になり、回復していくことが必要なのです。筋肉痛からの回復は本当に小さなものですが、この小さなものの積み重ねがたくましく、多くな筋肉へと変換されていくのです!

1