1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【2018年】日本語ラップMV 2月のおすすめ 10選(各レビューつき)

2018年2月に公開されたメロディアスで聴きやすい曲をまとめました。 /PKCZ® /変態紳士クラブ/Yo-Sea/MAVEL/OZworld/GeminisAzul/Mediunn/052/Cz TIGER/Moment Joon/ACT WELL HARVEST/GAGLE

更新日: 2018年05月20日

6 お気に入り 2987 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

元タワレコで勤務し、20年以上日本語ラップを追いかけてます。いい曲を埋れさせてはいけない!と2017年12月より【キュレーター】活動を開始。ツイッター(https://twitter.com/drumshisho)にて、いい曲をレビューつきで紹介しています。毎日更新中!

drumshishoさん

〓 ① 世界市場に道場やぶり 〓

ガムランにEDMの要素をミックスした
Yultronによるスピーディーなトラック。

スヌープ師範のお墨付きを得て、
M-floでおなじみのVERBAL と
三代目 J Soul BrothersCRAZYBOYが
遠慮の壁を蹴り上げ、勢いよくラップする。

日本人には違和感ある映像でも、
海外から見たアジアへの目線が
逆に日本を意識させる。

元EXILEのDJ MAKIDAIはこれを機に、
活動拠点を海外に移す。
安定を捨て、挑戦する姿勢はカッコいい!

日本のHIPHOPシーンに風穴を開けて欲しい。

ダイジェスト画像

〓 ②『お前の人生なら好きにやりってな♪』〓

XLARGE® のBluetooth SPEAKERとコラボ
したことで話題のこの曲。

曲調は、ソーダ水のような爽やかさ。
でも後味はどこか儚(はかな)げ。

人生は、炭酸のごとくハジけて終わる
そんなことを物語っているようで、
曲の説得力が増していく。

出演者の楽しそうな笑顔が印象に残る。

ダイジェスト画像

〓 ③ すごい才能に出逢ってしまった 〓

沖縄の新星Yo-Sea。
何がイイって声がいい。
光沢がある滑らかな声の質感は、
イルカの泳ぎを見る心地よさ。

しかもイケメンだし。
各界から引っ張りダコになること間違いなし!

女性の皆さん、見逃してはいませんかー?

ダイジェスト画像

〓 ④ 気になるフレーズの応酬 〓

少しかすれた声が魅力的な、沖縄のリリシストMAVEL。
気になるフレーズ連発で、そのつど巻き戻し
言葉の意味をじっくり噛み締めたくなる。

仲間を家族と呼び、愛ある言葉で包みこむ。
『俺にある器 半分はお前ら お前にある器 半分は俺なのさ』
そんなこと言われたら同性でも惚れてしまう。

仲間から慕われるのが頷ける。

ダイジェスト画像

〓 ⑤ 畳の国の人ですから 〓

沖縄の若手注目ラッパーOZworld a.k.a R'kuma。
怪しげだが、どこか和を感じるTRAPビート。

言葉を畳みかけてスピード感を出しつつ
変則的な間を作るRAPは
屋根から屋根へ駆け抜ける忍びのよう。

歌詞は感謝の言葉がつづられており、
これぞジャパニーズマナー。

SpikeyJohn による映像美にも注目!

ダイジェスト画像

仲間の成功は 俺たちの成功 仲間の痛みは 俺たちの痛み 仲間の喜びは 俺たちの喜び 確実にNew wave来るよ

↑ まだ20代半ばなのに、物事をこんな風にとらえてます。
リスペスト⭐︎

〓 ⑥この曲が売れなきゃ嘘だ! 〓

歩くたびに灯りがこぼれ落ちる様なビート。
“UA”と“AI”の良いところを受けつぐ歌姫“Mediunn”。
野生味ある歌声が、夜の街を輝かせる。

大阪の街をこんなにもオシャレに変えるのは、
彼女たちのセンスのなせる技。

ダイジェスト画像

1 2